2009年07月31日

同僚たちとの宴

20081115.jpg

上司が予約していた店は、和風居酒屋。

すでに同僚2人がテーブルに座り、待ちかねていました。

どうやらグチやボヤキとは違ったようです(笑)

同僚の1人は昨年末に結婚したばかりの31才。

もう1人は2人の子の母であり主婦の40才。

そして上司と私の4人です。

会社の噂話も陰口や愚痴などない飲み会でした!

プライベートのこと、悩みや夢。

互いに正直に語り合う有意義な2時間でした。

上司はと云えば、かなり下ネタに走っていました(笑)

もちろん!飲み代はすべて上司の奢りですっ!

ごちそうさまでしたっ〜♪

posted by まなぶ at 21:33| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなモノあんなモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

上司からの誘い

20081115.jpg

休日の昼下がり、アパートで寛いでいた私の携帯電話が鳴りました。

上司からですっ!

別段やましさも後ろめたさもありませんが(笑)

休日の電話に驚いてしまいました。

急な出来事が出来したのか?と電話に出ると・・・

“明日の帰りに飲みに行きませんか?”

との誘いでした♪

翌日、夕暮れから曇っていたカフェで待っていると、

慌ただしい様子で走ってくる我が上司の姿がみえました。

小雨模様となりそうな空模様。

何やら悪い話か?グチを聞かされるのか?

期待半分、不安半分の心境でいた私でした。


posted by まなぶ at 20:45| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

いつでもどこでも♪

sleep6.jpg

“毎日毎日、ほんとうに眠いですっ!”

仕事が忙しい事もありますが、いくら眠っても眠り足りません!

毎晩決まった時間に充分な時間を眠っているのですが、

朝も晩もとにかく眠いのです(笑)

打ち合わせしていても、うつらうつら〜〜

「自称、いつでもどこでも眠れる男」ですから!

困ったものなのです(笑)

posted by まなぶ at 23:59| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

新しい入居者

cleaning.jpg

我が住処のアパートは閑散としております。

入居者が少ないせいもあるのですが、

とにかく私の部屋のある1階は空き部屋だらけ(笑)

そんな先日、私の隣のまた隣の部屋に灯りが点いていました。

おおっ!入居者だなぁ〜♪

と表札をみてみたら・・・・

舌を噛んでしまいそうなスペイン名前でした!

どうやら大家さん、外国の人に部屋を貸したようです。

どんな住人なのか?顔もみていませんが楽しみです♪

女性だったりして?

お友達になれるかしら?(笑)

posted by まなぶ at 20:22| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

ストーリー・オブ・ラブ

20090727.jpg

ストーリー・オブ・ラブ

公開から今年で10年の作品です。

夫婦、男と女、家庭を築く事、維持する事。

そんな普遍的主題を扱っている事もあり、何度見ても面白く、

ユーモアで包んだ台詞と状況に、笑いの絶えない1本です。

家族や夫婦に限らず、人間の繋がりも積み重ねですネ。

築き上げ、培う。良い時も悪い時もある人生・・・

互いを知り、助け合い、痛みや喜びに寄り添い合う。

生きることの根本がここにあると思います。

お薦めの1本です♪


posted by まなぶ at 21:33| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

向日葵の種

20090726.jpg

岩手の実家に帰省していた同僚が帰って来ました。

土産話を聞きながら、土産の煎餅を頂いていると、

その南部煎餅には豆が入っていて、これが美味い♪

そこから話題は美味しい豆になりました。

アーモンドなどと一緒に、向日葵の種も話題となると、

向日葵の種を食べた事のない仲間もチラホラ・・・

「蜂に刺された際、向日葵の種が効く」

と教えられた記憶がある私。

いやいや!蜂の刺された箇所には、アンモニアが効く?

その真意はどこにあるのか?

蜂の被害を被ったことのない私なのです♪


posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなモノあんなモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

007/慰めの報酬

20090725.jpg

ダニエル・クレイグ 主演の007第2作。

慰めの報酬

そのDVDを購入しました!

アクションは前作の2倍、上映時間は前作より40分短めっ!

実は前作はボンドシリーズでは最長の上映時間だったのですが、

今回は、シリーズ最短上映時間なのです!

新機軸が満載の最新作は見所がいっぱい!

任務、復讐、傷ついた心。

内面を掘り下げ、男女でなく同志と呼べる関係を築くボンドと女性。

007シリーズの可能性を広げた作品でした。


posted by まなぶ at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

ポケット一杯の幸福

20090724.jpg

フランク・キャプラ 監督の遺作。

ポケット一杯の幸福 を観ました!

期待以上の上出来の作品です!

監督自身が自らの作品「一日だけの淑女」をリメイク。

見事な娯楽作品にして、心温まる感動作に仕上げました♪

新興のギャングのボスであるデイブは幸運の持ち主。

しかし、彼の幸運の理由は、老婆から買うリンゴでした。

バスケットにリンゴを入れて売り歩くアニー御婆さん。

彼女のリンゴを買うと、デイブは幸運に守られるのです。

そんな大恩人であるアニー御婆さんが窮地に陥ります。

最初は渋々ながらも手助けしていデイブでしたが、

事はドンドン大きくなり、手がつけられなくなってしまいます。

しかし、デイブたちの苦労、思いやりの末に待っていたのは・・・

ラストシーンでは涙で画面が見えなくなってしまいました。

人と人の心に架かる橋。

優しさと思いやりの種。

人生って良いもんだ!

心からそう信じられる作品です〆



posted by まなぶ at 23:32| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | フランク・キャプラ作品 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

ワルキューレ

20090723.jpg

トム・クルーズが、実在したドイツ将校に扮した作品、

ワルキューレ を観ました。

第二次世界大戦の末期、何度も計画されたヒットラー暗殺。

その最後の計画が、「ワルキューレ作戦」を利用したこのお話。

敗色が濃くなるドイツ、愛する祖国の為、終戦を現実にする為、

反逆者と呼ばれても、計画を実行すると決めた人々。

様々な困難、予想通りに進まぬ計画。

上質のサスペンス作品に仕上がっていました。

仕えるのは総統ではなく祖国

ドイツの未来を守り、命を捧げた人たちに後悔はない。

そう考えさせられる作品でした〆


posted by まなぶ at 23:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

ミラーズ

20090722.jpg

我らがヒーロー「ジャック・バウアー」の最新作!

キーファー・サザーランドが、多忙な中で出演を熱望した、

ミラーズ

キーファー出演作としては珍しく、恐い映画でした!

直球の恐さもありましたが、薄気味悪い要素がたっぷりで、

深い暗闇、焼け落ちた廃墟、鏡に囲まれた空間。

どれもが不安を煽る道具となってジリジリ迫ってきます。

人生に挫折した主人公、活路をみいだそうともがいています。

そんな中で臨時の仕事として、深夜警備に雇われるのですが、

これが数年前の火事で多数の死者をだしたデパート。

不可思議な出来事が次々と起こり始めます。

正体不明の敵に襲われる展開ですが、今一つ決まりがなく、

誰が、なぜ、どういう風に襲われるか?分かりませんでした。

突然襲い掛かり命を奪われる犠牲者もいれば、

まるで傷つけるだけで殺す意思はないようなパターンもあり、

最後までハッキリした正体が私には分からぬままでした。

妻を子を、家族を守る一心で戦う主人公。

ラストの結末には哀しみすら感じてしまいました。

一体、あれはなんだったのか?

あの結末はどんな意味があるのか?

釈然としないまま、続編の可能性を感じてしまいました。


posted by まなぶ at 21:17| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月21日

ガブリエラの歌

20090626.jpg

スウェーデン映画の最大観客動員数を記録した作品、

歓びを歌に乗せて

その素晴らしいコーラスの歌の中から、

最もダイナミックで、作品を盛り上げた歌がありました。

その歌を、たくさんの人々が愛し、歌っている事を知り、

改めてこの作品の力を感じています。

その中から、特に私の感動を呼んだ映像を紹介したいと思います。

ガブリエラの歌(合唱)


posted by まなぶ at 23:52| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

2度と会いたくない人

20090720.jpg

出来る事ならば、2度と会いたくない人。

私の会社にも1人います。

まだ入社したばかりの私が、その人に初めて会った時のこと。

私  “○○部長の下で勤務しております”

と挨拶した私に対して、耳を疑う言葉を発したその人でした・・・

その人“あぁ、そう、笑顔が素晴らしいネ君・・・”

私  “はぁ、ありがとうございます♪”

その人“○○部長の下で働いてて良く笑ってられるなぁ?”

私  “・・・はい?”

その人“俺ならあんな部長の下では笑ってられないよ(笑)”

それ以来、その人のことが好きになれなかった私でしたが、

運悪く、今月上旬の研修で、再会してしまいました。

ある学課の講師として、その人が現れたのでした。

思ったとおり、私の事など覚えておりませんでした。

自己紹介すると、何となく思い出したようでしたが、

投げやりな授業にも耐え、横柄な態度にも辛抱していましたが、

最後の挨拶で、またまた耳を疑う言葉が・・・

その人“○○部長は、元気?”

私  “はい、部長は××支社に転属となりました”

その人“そうか♪ざまあみやがれだ〜ハハハ!”

あまりの言葉に、私は凍りつき、

ただジッと、その人の笑う顔をみつめていました。

最後まで自分の失言に気づいた風もなく、笑っていました。

本当に2度と会いたくない人でした。

あんな子供じみた言動の人間が講師だなんて、恥ずかしいです〆


posted by まなぶ at 23:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

鬼平犯科帳スペシャル

20090719.jpg

1年ぶりの登場となった 鬼平犯科帳

今回のスペシャルのお話は、「雨引きの文五郎 」でした。

既に池波先生の原作は全て映像化されてしまっているので、

このお話も中村吉右衛門さんのシリーズでも二度目。

國村隼さんが文五郎を色っぽく(笑)演じていました。

老盗、舟形の宗平を演じた伊東四郎さんも好演でしたが、

まだお若い伊東さんには少々無理があったように感じます。

それは鬼平一家の高齢化が関係あると思います。

一家の方から、じいさん呼ばわりされる伊東さん可哀相。

尾美としのりさん始めとする同心の場面も気になりました。

オーバーアクションで観ていて居心地が悪くなるほどです。

監修の小野田嘉幹さんがメガホンをとっていたなら・・・

そんな欲まで出てしまいました。

実際にメガホンをとっていたのは齋藤光正さんです。

青春ドラマのムードが感じられてしまいました(笑)


posted by まなぶ at 23:01| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

24 シーズンZスタート

20090718.jpg


期待のアメリカテレビシリーズ、

24 シーズンZ

待ちに待っていた作品でしたっ!

通常ならば昨年放送されたシーズンZですが、

脚本家組合のストなどの諸事情により延期を余儀なくされ、

やっと今月になってリリースされたのです。

我らがジャック・バウワーの活躍はもちろん。

お馴染みのキャラクター、新登場のキャラクター。

舞台もメンバーも一新との評判だっただけに心配もありましたが、

なんのなんのっ!

予想以上の面白さで満足しています♪

また年末まで眠る間も惜しい日々が続きます(笑)


posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月17日

ザ・クリーナー 消された殺人

20090717.jpg

サミュエル・ジャクソン主演のサスペンス映画です。

主人公は、殺人、自殺、事故等の特殊な現場での清掃を行う業者。

今回も依頼された屋敷での清掃業務を行ったのでしたが、

実はこの依頼の裏には、罠が仕掛けられていたのでした。

嵌められたと知った主人公が、事件の真相に近づいてい行きます。

鮮やかな清掃の技術には舌を巻いてしまいますが、

サスペンスの展開は少々ペースが乱れがちでした。

主人公は数年前に事件によって妻を失っている過去があり、

警察官の職を辞し、清掃業で一人娘を育てています。

その父と娘の関係、警官時代の相棒との関係がメインで、

謎の失踪をした男性とその妻の存在感が希薄に感じました。

監督のレニー・ハーリンは人物描写が少しばかり雑な傾向あり。

過去作品のそんな印象が、今回も見られました。

緻密さが足りない分、無理が目立ちます。

しかし、画面の処理や見せ方などは、さすがでした。

楽しめる水準作だと思います〆


posted by まなぶ at 23:23| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

実写版・宇宙戦艦ヤマト

20090716.jpg

“嘘だろう?”

そんな言葉が飛び出してしまうくらい、信じられない噂・・

あの「宇宙戦艦ヤマト」が実写映画化されるそうなのです。

主演には、木村拓哉さん、沢尻エリカさん。

古代進と森雪でしょうね!

どこまで現実に映画になるのか?

未だに信じられない私です〆


posted by まなぶ at 20:15| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

村上知子さん

20090715.jpg

人気女性お笑いグループの「森三中

今や押しも押されもしない貫禄(見た目ではなくて)です!

突如ブレイクした黒沢さんの陰に隠れた感のある、

大島さんと村上さんですが・・・・

私、村上さんのファンです♪

どこか女性らしいムードがあって、好きです!

その村上さんの歌が流れたCMがありましたネ!

野菜ジュースの宣伝のっ!

私、あの歌好きです(フフフフ)

野菜ジュースの歌



posted by まなぶ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

天国から来たチャンピオン

20090714.jpg

天国から来たチャンピオン

小学生時代の私の思い出の作品の1つです。

初めて出会った映画好きな仲間と一緒に、観にいきました。

俳優であるウォーレン・ビーティが監督も兼任した意欲作で、

天国の管理者の手違いから、50年も早く死んでしまった主人公。

間違いに気づいた時には、既に肉体は火葬されてしまった後・・・

物語はファンタジーに近いですが、終始ほのぼのとした画面で、

音楽、キャメラ、演出、温もりに満ちたシーンが続きます。

そして主人公を待つ意外な展開。

忘れられないラストシーンの余韻。

ちょっぴりせつなく、甘酸っぱい結末・・・

宝物のような作品なのです〆


posted by まなぶ at 20:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月13日

ブラッシングの効用

20090713.jpg

毎日の生活に欠かせない歯磨きですが、

私には歯が綺麗になるだけではなく、他の効用もあります。

まず、鼻の穴の通りが良くなります(笑)

そして、歯と歯茎と舌を磨いている内に、

喉の奥まで漱がれてしまいます。

あとは直接関係ありませんが、

目が覚めます(ハハハ!)


posted by まなぶ at 23:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなモノあんなモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

待ち合わせ場所

20090712.jpg

本日の日曜日のこと。

近くのスーパーマーケットで買物をしていた私。

惣菜パンを選んでいたら、大きな云いあう声が聞えました。

みるとそれはお爺さんとお婆さんの夫婦でした。

2人は待ち合わせしていた場所の事で云い合いしている様子で、

花屋さんの前を指定していたら、花屋さんは近所に移転していて、

お爺さんはお花屋さんの前で待ち。

お婆さんは元のお花屋さんの前で待っていて。

2人は言い争っているわけです(笑)

お婆さん “お花屋の前でって云ったじゃないのっ!”

お爺さん “だから花屋に居たじゃないか俺は”

お婆さん “お花屋はあそこだったでしょっ!”

お爺さん “知らないよ、昔の事なんか”

お婆さん “まったく気が利かないんだからっ!”

笑いながらみていた私と、お爺さんの目が合いました。

するとお爺さんは微笑んで、私に目配せしました。

お爺さんの気持ちを想像すると、多分、きっと・・・

“まったく困ったもんだよ。女はあれだ、分かるよなぁ?”

あんな風に夫婦喧嘩が出来るなんて羨ましいです!


posted by まなぶ at 23:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。