2010年02月28日

サブウェイ123

20100228.jpg

リメイク作品が流行のハリウッド映画、

この傾向はまだまだ続きそうですネ。

ウォルター・マッソー主演の「サブウェイパニック」

そのリメイク作品が、

サブウェイ123

設定や物語を現代に置き換えた監督は、トニー・スコット

上手いっ!さすがです!

畳み掛ける演出、思わずニヤリとしてしまうシーン、

何よりも台詞や描写にユーモアが織り込まれています。

トニー・スコットと云えば、初期は兄のリドリーと比較して、

どうも繊細さがなく、荒削りで力任せな評価がありましたが、

それらもすっかり払拭し、名匠とも呼べる娯楽派です!

新鮮味あるどんでん返しまでは期待できないストーリーですが、

上映時間、まったく退屈させない演出はお見事でした♪


posted by まなぶ at 22:04| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月27日

あなたは私のムコになる

20100227.jpg

サンドラ・ブロックの新作コメディを観ました♪

シリアスだったりサスペンスだったりなサンドラも良いですが、

肩の凝らないコメディのサンドラはやっぱり素敵です!

部下からも恐れられる鬼の編集長のサンドラ姉さん。

このままでは国外退去処分!という事態に直面してしまいます。

そこで思いついたアシスタントの男性との結婚。

お互いに納得ずくでの結婚の筈が・・・

早くに両親を亡くしている彼女は、彼の家族の温もりに触れ、

彼の家族を騙しているという罪の重さに苦しみ始めます。

ちよっと厳しく、この作品の難点を云えば、

もう少し彼女が周囲から恐れられる謂れも観たかったです。

その辺りが少しだけ希薄で残念でした〆


posted by まなぶ at 22:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

フリンジ

20100226.jpg

海外ドラマ「ロスト」、映画「スター・トレック」

監督で、製作者であり脚本家でもある、JJ・エイブラハムズ

彼の手掛けた海外テレビドラマが話題となっています。

フリンジ

非主流の科学を扱った異色のサイエンス・ドラマ!

パイロット版である第1話の製作費は何と10億円!

破格のスケールとミステリアスな内容で釘付けですっ!

観れば観るほど謎が深まり・・・

ってこれは「ロスト」も同じでした(笑)

エイブラハムズの作り出す作品に浸っていると、

新しいけれど、なぜだか懐かしい非日常の世界を感じます。

過去に夢中になった作品へのオマージュ。

そこがまた魅力でもあるのでしょう♪


posted by まなぶ at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

サミュエル・L・ジャクソン

20100225.jpg

今年で62歳になるこの男、

俳優、サミュエル・L・ジャクソン

いつの間にか、観る映画にチョイチョイ顔を出していた彼っ!

そして、そのカリスマ性、クールな存在感でメキメキ人気者に!

話題作、秀作、次々に出演し、

今や押しも押されもしないスターです!

今回、彼の過去、人となり、現在を描いた番組を観ました。

祖母と母に育てられ、今は妻と娘をこよなく愛する1人の夫=父

悪人、善人、様々な人物になりきって来ました。

私は、あの大作に出演しただけでも賞賛に値すると思います。

スター・ウォーズ

その新しい3部作にジェダイとして出演したのでしたっ!

サミュエルのドラッグ中毒だった事も過去の思い出。

今では仕事仲間からも愛される、偉大な俳優の姿でした。

見逃しているあの映画にも、その映画にも・・・

サミュエルの姿はそこここに散見しておりました(笑)

posted by まなぶ at 02:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月24日

ドラクエの魔法

20100224.jpg

およそテレビゲームなどしない人でも、知っていたりするドラクエ、

その「ドラゴンクエスト」を5作目まで楽しんだ私ですが、

僧侶が使う魔法の名前をいつも忘れてしまいます。

ゾンビや腐った死体(一緒だろっ)などアンデッド系の怪物、

そのアンデッド系モンスターを光の彼方に飛ばす補助魔法、

「なんて言う魔法だったっけ?」

よく思いだそうとして半日ほど考えてしまいます。

答えは、ニフラム

なんで忘れてしまうのか、

他の魔法はしっかりとおぼえているのですけれどネ♪


posted by まなぶ at 23:15| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなモノあんなモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月23日

ホラー好きの集い

20100223.jpg

「同じ話題で盛り上がる」

そんな仲間と巡り会えたのは幸運ですネ♪

職場には「怖い映画好き」が2人。

1人は「ゾンビ好き」

もう1人は「人形が襲ってくる映画好き」

大御所=ジョージ・A・ロメロ作品を蒐集しています(笑)

人形が襲って来る作品っていうのは、そんなにありませんネ。

チャイルドプレイ  ドールズ  パペットマスター

思いつくのもその程度です。

人形などの人型のモノには魂がこもりやすいと聞いた事があります。

そんな話を真剣に信じている人の話。

聞いている私まで、本当のことのような気がして来ます。

共通の話題で盛り上がり、楽しみも数倍です!


posted by まなぶ at 21:29| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなモノあんなモノ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月22日

異邦人

20100222.jpg

懐かしい、久保田早紀さんの「異邦人」

その名曲を歌う、徳永英明さん!

こんな歌い方があったのかあぁ〜っと感心してしまいました。

オリジナルの強い個性の節回しをするりとかわした歌唱も見事!

徳永流で歌ってしまうあたりが心憎いくらい上手いです♪

雪の華  ハナミズキ  異邦人

徳永ヴァージョンで外せない3曲です♪

徳永英明さんの歌う、「異邦人」はこちら♪



posted by まなぶ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月21日

心みだれて

20100221.jpg

所謂、「金妻シリーズ」でヒットした小林明子さんの、

恋におちて

今もカラオケで「恋におちて」を歌うおば様は少なくありません。

そんな小林明子さんの曲で、私が1番好きなのが、

「金曜日の妻たちへ」ならぬ

「金曜日には花を買って」

その主題歌として使用された、

心みだれて

さりげなさと存在感を併せ持つ名曲です♪

小林明子さんの歌う、「心みだれて」は、こちら♪


posted by まなぶ at 23:47| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月20日

シルエットロマンス

20100220.jpg

大橋純子さん

多数のヒット曲を持つ、実力派歌手=大橋純子さん!

私の1番好きな曲が、シルエットロマンス です。

この曲が流れていた当時、自分のラジカセを始めて持った私。

繰り返し聴いていました。

大橋さんのように歌が歌えたら・・・

真剣にそう考えていた頃を思いだします。

伸びわたる声、圧倒的な歌唱力。

安定した歌声はさすがです!

大橋純子さんの歌う、シルエットロマンスは、こちら♪


posted by まなぶ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月19日

カムイ外伝

20100219.jpg

白土三平さんの「カムイ外伝」の映画化作品です!

主演のカムイには、松山ケンイチ さん。

今回もカムイになりきっていました。

厳しい身分社会の時代、自由に生きる為、

そして強くなる為、忍びとなったカムイ、

しかし、忍びは自由とは縁のない存在。

やがて忍びを抜けて、追われる身となり、彷徨い続ける日々、

物語はさておき、私が注目したのはアクションでした。

原作の持ち味も生かしながら、

映画ならではのオリジナリティも大切にする。

崔洋一監督のやりたいことは何なのか?

そこのところが最大の楽しみでした。

物語はシンプルでしたが、人物描写は至ってあっさりしたもので、

カムイの内面もよくよく想像していないと「?マーク」でした。

一体、カムイは何を思い、こだわっているのか?

懇切丁寧には語っていませんから、観る方の解釈次第です。

いわば感性次第(笑)

漁師の一家との団欒、美しい自然の中でのひとときの安らぎが、

カムイの理想郷のように映って、終盤の悲劇が際立ちました。

怒りをたぎらせるカムイ。

佐藤浩市さん扮する国主の異常性。救いようのなさ。

ゾッとする台詞でしたが、佐藤さんはまともな人にみえます(笑)

ミスキャストではないですが、神秘性のある人が良かったですネ。

松山ケンイチさんの次なるチャレンジが楽しみです♪


posted by まなぶ at 21:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月18日

藤田まことさん死去

20100218.jpg

昭和を代表するスターがまた1人、亡くなりました。

藤田まことさん。

てなもんや三度笠  必殺シリーズ  剣客商売

長く続いた番組ばかりでした。

中でも「はぐれ刑事純情派」は大好きでしたっ!

今回の訃報ほ知って、1番に感じた事は、

安浦刑事が死んだっ!という事でした。

私自身でも意外な感情でしたが、安浦刑事のイメージが強く、

中村主水や秋山小兵衛でもなく、安浦刑事が最も適役。

そんな感情が私にはあったようです。

哀愁漂う老刑事。人情、人生の機微に触れる心優しき刑事。

悲しみの知らせにも、「はぐれ刑事」の世界が浮かびました。

島田順司さん、梅宮辰夫さん、岡本麗さん。

番組には欠かせない顔でした。

その中でも、藤田さんの顔は番組の看板そのもの・・・・

淋しさもひとしおです〆


posted by まなぶ at 22:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

南極料理人

20100217.jpg

俳優としての堺雅人さんの魅力は侮れません(笑)

コミカルさシリアスさも兼ね備え、変幻自在っ!

自然体での演技もあれば、ケレン味たっぷりな芝居もある。

つかみどころがなく、ストレート(笑)

つまり巧みです。

この「南極料理人」は、文字通り、南極の地での男8人のお話。

隔絶された白き世界での1年以上にも及ぶ勤務。

人、食、あらゆる欲望を節制し抑圧して生きるような日々。

都会に生きたい、眩しい陽光を浴びたい、家族に会いたい。

そんな心の隙間を埋めるようなごちそうの数々。

堺さん扮する料理人は、まるで魔法使いのようです♪

近頃、心が折れる≠ネんて言葉が流行ったりしていますが、

そんな瀬戸際に追い込まれた人間の叫びを聞いたような映画です。

設定としては「遊星からの物体X」ですが、

まるで違ったユニークな味わい溢れる作品です〆


posted by まなぶ at 23:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月16日

井上梅次さん死去

20100216.jpg

映画監督の井上梅次さんが亡くなりました。

日本映画界の黄金時代、数多くの映画を生み出した監督でした。

個人的にはテレビ時代の作品が忘れられません。

中でも、天知茂さん主演の明智小五郎シリーズ。

そうっ!美女シリーズ  です♪

娯楽作品の醍醐味はこれだっ!とも云える作品群です。

テレビの枠を超え、存分に楽しませる映像作家=井上梅次!

今もエンドロールで拍手してしまう「悪魔のような美女」

井上監督作の大傑作ですっ!


posted by まなぶ at 23:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ニュースより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月15日

佐賀のがばいばあちゃん

20100215.jpg

何度も映画化、ドラマ化された人気作品が再映画化っ!

佐賀のがばいばあちゃん

今回は原作者の島田洋七さん自らが監督。

企画、脚本までこなしての意欲作品です。

その婆ちゃん役に決まった女優さんの名前に驚きましたっ!

香山美子さんでした!

私の中では、香山さんは今も、お静さんです♪

大川橋蔵さんの十八番、「銭形平次」の恋女房=お静さん。

香山さん以外の方は考えられません。

あの美しいキリっとした香山さんが、がばいばあちゃん?

しかし、スッと役になりきっていた香山さん(笑)

香山さんが演じていることもしばし忘れ、入り込みました。

何より子役と香山さんとの雰囲気がピッタリでした。

本当のおばあちゃん、本当の子供、と惹起がありましたが、

そこのところが監督の本作のこだわりだったようです。

8年に及ぶ婆ちゃんとの生活。

その別れの場面の辛い胸の内が伝わりました。

洋七さんならではの笑いが散見されましたが、及第点です!


posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

男と女のお話

20100214.jpg

仕事中に、フイっと口をついて出た歌詞。

懐かしい日吉ミミさんのヒット曲でした!

ところが歌詞はでてくるのに、タイトルが思いだせません(笑)

こんなことってあるんでしょうか?

考えても考えても思いだせないまま、

翌日になって年配の方から教えられました。

男と女のお話

ところが正しいタイトルを聞いても、記憶にありません(焦)

どうやら最初からタイトルは記憶していなかったようです。

日吉ミミさんの1970年のヒット曲です♪

私も年齢とともに、この歌の良さに気づき始めました。

さりげないのに存在感たっぷりの名曲です、

日吉ミミさんの歌う「男と女のお話」はこちら♪

posted by まなぶ at 21:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ルミナーラ・アンドゥリ

20100213.jpg

スター・ウォーズシリーズには星の数ほどの登場人物がいます。

その中でも、ジェダイの騎士、マイナーなキャラも膨大(笑)

知られたキャラでも、活躍の場もないままのキャラはまた多く。

このルミナーラ・アンドゥリもその1人!

ミステリアスという言葉がピッタリの外見、

全身の関節が柔軟で、通常みられない戦闘を展開するそうです。

彼女の活躍をみられる作品が、「クローンウォーズ」

アナキンの弟子=アソーカとのタッグもカッコいい♪

断然、応援したくなるマスター・アンドゥリです。

ちなみにジェダイは自分のライトセイバーを自作しますが、

その際、弟子は師匠のものを真似て、敬意を表すのだそうです。

すると、マスター・ルミナーラのセイバーをみていると、

マスター・ウィンドゥの昔のものと酷似しています。

もしかしてアンドゥリはウィンドゥの弟子だったのか?

エピソード1の時のウィンドゥのセイバーと酷似っ!

またはウィンドゥから譲り受けたセイバーだったりして・・・

未だに興味の尽きぬ、スターウォーズ世界です〆


posted by まなぶ at 22:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月12日

若さと美しさと

20100212.jpg

新作DVDコーナーをのぞいてみたら、同じタイトル作品が2つ!

ココ・シャネル   ココ・アヴァン・シャネル

かたやオドレィ・トゥトゥ主演!

かたやシャーリー・マクレーン主演っ!

ずいぶんと年齢もタイプも違う女優さんを選んだものです。

実際のココ・シャネルも、若かりし頃と晩年とはまるで別人!

そうとうに変わってしまっていますネ。

男女に限らず、年の取り方にも個人差はありますネ。

生活習慣、食事、喫煙、飲酒などなど・・・・

他にも精神的なことも多大な影響を及ぼしそうですね。

以前に出会った女性は、第一印象で70代にみえるほどでした。

しかし、定年制のある我が職場で70代の筈はなく、

聞けば59歳とのこと!

あの老け方、どうやら若い頃からの苦労と喫煙が原因のようです。

50代前半でも、60代後半にみえる人もいました。

肌質がどうにも年寄りのようにみえ、表情も暗いせいです。

運動不足と深酒が原因だと本人は云っていました。

表情の暗さは私にも何とかなりそうですが、

若々しい姿勢や肌質などはね地道な努力しかありませんネ〜


posted by まなぶ at 22:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月11日

のんちゃんのり弁

20100211.jpg

のんちゃんのり弁

マンガコミックが原作で、過去にもテレビドラマ化されました。

今回は初の映画化!主演は小西真奈美さん。

小説家志望だけど働かず親のスネをかじる夫を捨てて、

一人娘と生きて行く覚悟を決めた31歳の小巻。

料理の腕前は一品だけど、世間知らずの小巻さ!

「彼女の一代奮闘記」を想像していたのですが、ちっと違い、

現実の厳しさ、思い知りながら、本当に進みたい道に気づく。

小西さんの芝居、共演陣の巧演、共感できましたが、

少し演出としては過剰な展開もチラホラ散見していました。

あまり湿っぽくならず、さらりとした味わいなのはグッド♪

下町情緒、昭和の匂いも懐かしくて、和ませられました〆


posted by まなぶ at 21:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月10日

魍魎の匣

20100210.jpg

京極堂シリーズ、映画化第2弾!

魍魎の匣

今回。やっと観る事が出来ましたっ!

前作のムードとはがらりと変わり、趣向も仕立ても異質!

私、今回の作品、かーなーり惚れました♪

まるで金田一耕助シリーズのようなミステリー色が満載!

猟奇性、謎、ちょっとお色気不足なのは残念でしたが(笑)

面白いと素直に感じました。

堤真一さん、阿部寛さん、椎名桔平さんも好演ですし、

今回メガホンを握った原田眞人監督はお見事っ!

近々にもう一度観たいと思わせられました〆


posted by まなぶ at 20:54| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月09日

ウルヴァリン:X-MEN ZERO

20100209.jpg

「Xメン」のスピンオフ、しかも、ウルヴァリンが主役っ!

予告編のアクション、新キャラクターに期待満点でした。

期待していた満点だったかと云えば、75点かな?(笑)

新キャラクターの活躍が彩り程度で残念でした。

ライアン・レイノルズ扮するデッドプールをもっと観たかった!

オリジナルと違う役者が演じていたキャラも多いのも減点。

ストライカーやセイバートゥースも別人でした。

ガンビットの初登場、格好良すぎ♪

次回作の製作も決定している噂ですし、東京も舞台となりそう。

「バイオハザード」と同じで、次回は日本も登場しますネ!


posted by まなぶ at 22:28| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。