2010年01月28日

俳優、レイ・パーク

20100128.jpg

レイ・パーク ご存知ですか?

11年前の「スター・ウォーズ エピソード1」の、

ダース・モールを演じたのが彼でしたっ!

ルーカス監督の大抜擢で世界中に知られたアクション俳優です。

その後も、大作映画に次々に出演しています。

でも、しかし・・・

どの役もちょっと首を傾げてしまうような役回りばかりです。

「スリーピー・ホロウ」の首なし騎士のスタント。

これは顔もでなければ、台詞も彼の台詞ともいえない役です。

まぁ首のない時を演じていたのだから台詞を話せません(笑)

「Xメン2」ではトードというカエルみたいなミュータント。

これもほとんど台詞が記憶に残らないような役でした。

舌がペロンと数メートル伸びる能力をもっていましたが、

あんなに舌が伸びたら・・・話せませんよネ(笑)

そして、「GI・ジョー」の覆面忍者!

沈黙の行をしていたようで、台詞なし、顔見せもなし。

覆面忍者ですから(笑)

今回、彼が素顔で、しかも沢山の長い台詞を話す作品を観ました。

結果としては、出来の良くないB級C級作品でした。

それ以上にレイ・パークの芝居の下手さに驚きました。

台詞も芝居もワンパターンでどうしようもありません。

この作品に関しては、脚本も演出も酷いものでしたが、

これは通常の劇映画、とも呼べない代物でした。

主役のレイ・パークを観ていて、私が感じたのは、

彼にはアクションに専念してもらった方が良いと云う事でした。

あの表現力の乏しさ、彼は役者向きではないようです。

彼のキレのあるアクションを生かせる企画はないものでしょうか?


posted by まなぶ at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139807552

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。