2010年10月12日

サバイバルオブザデッド

20101012.jpg

「ゾンビ映画の老舗」とも呼べる巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督。

その待望の最新作、「サバイバルオブザデッド」を観ました。

ロメロ監督のゾンビ作品はすべてセルフリメイクとも云えるのですが、

今回は正真正銘の続編、スピンオフ作品と考えて良い作品でした。

物語にはさほど接点はないまでも、前作の脇役が主人公に昇格し、活躍します。

今回もロメロ監督は変わらずの人間描写と、通俗性を取り入れています。

時にはゾンビそっちのけのドラマ有り(笑)

まるで懐かしの西部劇を観ているようなキャラクターたちが登場したり。

若い映画ファンの目にはどう映っているのか?

オールドファン?の私にはとても気になる所です〆


posted by まなぶ at 11:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/165550969

この記事へのトラックバック

サバイバル・オブ・ザ・デッド (Survival of the Dead)
Excerpt: 監督 ジョージ・A・ロメロ 主演 アラン・ヴァン・スプラング 2009年 アメリカ/カナダ映画 90分 ホラー 採点★★ 消費社会を痛烈に皮肉った『ゾンビ』で、生前の習慣のままにゾンビらがショッピン..
Weblog: Subterranean サブタレイニアン
Tracked: 2010-12-27 16:13
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。