2010年07月17日

善人と悪人

20100717.jpg

2年以上も勤めていた同僚が退職しました。

正直、私としてはホッとした気持ちの方が強い同僚だったのです。

数々の問題を起こし、トラブルメーカーとも呼べる存在でした。

仕事上の問題。人間関係。

よくぞここまで!

そう思えるほどのトラブルの連続で、数えきれません。

本人の性格、人となりがすべてと私は思うのですが、

退職するにあたり、意外に退職する彼を擁護する声もあって驚きました。

露悪的で、一切のコミュニケーションをとらず、孤立していた彼。

誤解は誤解を生み、溝は深まるばかりでしたし、私や仲間の助言も無視。

私としてもお手上げでした。

彼を擁護する声の多くは、

「あの人だけが悪者なんてことはない、お互い様」

との見解でしたが、彼がまったくの悪人でもなければ、

周囲の我々もまったくの善人だとも思っていません。

共に働く仲間同士、最低限の交流、相談や伝達は必要です。

子供にも理解出来ることをしなかった彼を支持も弁護も私には出来ません。

煮ても焼いても食えない輩。

存在するものです。

彼の次なる場所に、一人でも彼を理解する人がいることを願います。


posted by まなぶ at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。