2010年10月14日

プリンスオブペルシャ

20101014.jpg

プリンス・オブ・ペルシャ 時間の砂

これは、往年の冒険活劇を懐かしく感じながら観られる作品でした。

物語は割にシンプル、アクションとファンタジー、王子とお姫様。

定番のキャラクター、定番の物語。

ここで1番に注目したいのは、主役のダスタン王子を演じる、

ジェイク・ギレンホール

肉体改造を行い、すっかり別人のように変わって驚くばかりです。

どちらかというと、頼りない役柄の方が多かったジェイク・ギレンホール。

この作品では、可能な限りの激しいアクションに自ら挑戦しています。

演技力のある若手俳優の肉体を鍛え上げ、役柄に相応しいキャラにする。

当たり前のようで中々出来ないことだと思います。

主役俳優の努力。

その点でも、観る価値ありの1本です!


posted by まなぶ at 19:37| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166218091

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。