2010年11月27日

レポゼッション・メン

20101127.jpg

さまざまな過去の名作映画を思いださせられる1本でした。

といっても、つぎはぎの寄せ集めのような作品ではありませんっ!

自動車や家のように、ローンが支払えなくなった臓器も回収される近未来。

回収人=レポゼッション・メンとして生きる男が主人公。

ある事故がきっかけとなり、自らも回収人から追われる身となる主人公。

回収人との壮絶な戦い、逃走劇が始まります。

回収シーンや戦いのシーンのリアルな描写には、たじろいでしまいそうでした。

あまりの痛ましさ、残酷とも思えるショットの連続です。

心臓の強い方以外にはお薦め出来かねます(笑)


posted by まなぶ at 18:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/171236661

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。