2011年02月25日

シャレード

20110225.jpg

ヘンリー・マンシーニのあまりにも有名な音楽に乗って始まる映画、

シャレード

妖精=オードリー・ヘップバーンの代表作の1つです。

観かえすと、今更ながらに面白くて、楽しい作品です。

テンポにカット割りの妙もですが、台詞も気が利いていてファッションも目につき、

肩の力を抜いて喜べる、シャレた作品なのです♪

オードリーのお相手が、ケーリー・グラント。

最後の最後まで、正体不明で、魅力的なケーリー・グラントは最高です!

アクション、ユーモア、サスペンス。

繰り返し観ても楽しい傑作です。

オードリーと云えば、この頃の彼女を思い浮かべる方も多いのでは?


posted by まなぶ at 17:52| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/187748621

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。