2008年06月22日

すべらない話

suberanai.jpg

『人志松本のすべらない話ザ・ゴールデン』

いやぁ笑えます、笑えます(何度でも繰り返し)

お笑いにも人それぞれ好き好きがあるとは思いますが、

この面々の語り口の上手さ、巧さ、脱帽です!

もはや知らない人もいないほどの人気番組ですから、

回を重ねる毎に、彼らのプレッシャーも相当なものの筈!

その緊張と重圧とを撥ね退けて、本番に挑む姿に感動です。

・・すべらない話は、尽きない・・・・・

posted by まなぶ at 23:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

大奥SP もうひとつの物語

ooku9.jpg

深田恭子 さん主演の時代劇を観ました。

大奥SP もうひとつの物語

映画版の「大奥」の公開を前に製作された番組でしたが、

映画版の伏線として、またシリーズの露払いの役割も兼ています。

変わらずの絢爛豪華。 美しい女優陣が美しさを競います。

しかし今回の作品は、謎解きの要素もあり、興味深かったです。

将軍暗殺計画の噂を耳にした、大奥御年寄・滝川。

誰が? 如何なる動機? 如何なる方法で?

そこまで深くは調査が及ばないのですが(笑)

滝川に扮しているのが、浅野ゆう子 さん!

第一シリーズでの瀧山役として堂々たる風格をみせた方です。

浅野さんが、隠されていた毒薬を発見する場面があります。

果たして毒物か否か?

そのお芝居が、どことなく動物的で面白いものでした。

“・・・大奥は女の牢獄なのじゃ・・・”

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月29日

徳川家康(13)

osakajo6.jpg

懐かしい大河ドラマ「徳川家康」を観ました!

それも、最終13巻のみです!

大坂城攻め、つまり夏の陣、そして戦後の家康の苦悩が内容です。

山岡荘八さんの原作を小山内美江子さんが脚本化していますが、

あくまで家康の人となりは、泰平の世=平和を望む男。

主演の滝田栄さんも、老けメイクも役回りも痛ましい限り・・

のぞみが潰えて泣いてばかりの年老いた家康が不憫なほどです。

しかし、放送当時の私には、狸親父を善人に描いていると思えて、

白々しいのに映っていました。

今回、あらためて観ていて私が感じた事は、

慈悲の心、徳を持って国づくりを計る家康像が新鮮でした!

“人の世から、戦(いくさ)はなくならない”

“浄土には戦はない”


死の間際まで、泰平を祈り続けた人物像に興味がわきました。

posted by まなぶ at 22:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月14日

大河ドラマ 篤姫

aoi3.jpg

大河ドラマ 篤姫 を観ました!

番組は年明けからスタートしているのですが、

録画しているということに油断して、観ていませんでした。

本日のオフ、第1話と第2話を鑑賞して、ハマリました♪

「純情きらり」を半年間応援していた私なので、

ふたたび桜子ちゃんに再会したようで嬉しい限りです!

物語はさておき、篤姫には、新たな息吹きを感じます。

主演の宮崎あおいさんや、瑛太さんの型にはまらない芝居、

テンポの速い展開にも無理なく楽しめました。

大奥の女主(おんなあるじ)として、終焉をみとった篤姫、

かねてから関心のあった女性だったのですが、

これまで映画やドラマで演じた女優さんの印象が強い為、

今回の宮崎あおいさんの新たな篤姫像に期待しているのです。

posted by まなぶ at 20:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月30日

夜歩く

whitedress2.jpg

古谷一行さんの金田一耕助シリーズ夜歩く を観ました。

内容はともかく(笑)豪華で異色の配役陣に狂喜してしまいました♪

金田一探偵の親友には、谷隼人さん、その友人が村井国夫さん、

村井さんの父には強烈な個性の伊藤雄之助さん、

他にも文学的な匂いを漂わせる役者さんがズラリ!

 菅貫太郎さん  岸田森さん  南風洋子さん 

意外だったのが、、、淫蕩な母を演じる南風洋子さん!

まるで小川真由美さんのような妖艶で強い色香の役でした。

題名の「夜歩く」は、夢遊病を指しているわけですが、

物語に絡ませる展開としては今1つでした。

私のお気に入りの場面は、大好きな菅貫太郎さんの場面で、

菅さんが沼であるモノを発見してしまう場面っ!

菅さんのリアクションが可笑しくて可笑しくて最高です♪

posted by まなぶ at 23:13| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月26日

女王蜂

nagisa-katahira.jpg

古谷一行さんの「金田一耕助シリーズ」を再び観ました!

女王蜂

この作品も、やはり映画版と比較してしまいますが、

映画からも、原作からも離れたストーリー展開でした。

ヒロインの大道寺智子には、片平なぎさ さん、

今の2時間サスペンスの雰囲気を既に醸し出しています(笑)

物語の鍵を握る、家庭教師、神尾秀子には、岡田茉莉子 さん、

ところで、智子の養父を演じていたのが、神山繁 さんなのですが、

神山さんは、映画版では、九十九龍馬を演じていました。

若い智子によからぬ企みを抱く妖しげな男なのですが、

この作品では、川合伸旺さんなので、私は大いに楽しめました♪

さて、次はどの作品を観ようかなぁ?

posted by まなぶ at 23:01| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月17日

仮面舞踏会

前回の「仮面劇場」に続いて、金田一耕助モノを観ました♪

古谷一行さん扮する70年代の人気テレビシリーズです。

横溝正史シリーズ 仮面舞踏会

「劇場」の次は「舞踏会」かっ?

てな動機で選んだわけではありません(笑)

今回は主演が木村功さんに草笛光子さんなのですが、

私の中では、圧倒的にこの作品で輝いて見えた方が、

nobuko-otowa.jpg

乙羽信子 さんです!

「仮面劇場」よりも数段の出来のよさでした。

これはスタッフやキャストの力ではなく、

原作とトリックの違いもしれません。

この物語も恐ろしい連続殺人事件が巻き起こるのですが、

驚くと同時に、寒気すら憶えてしまう真犯人の正体でした。

その真犯人の動機に深く関わっている登場人物なのが、

乙羽さんの役柄でした。

乙羽さんの様々な役柄をみて育った私ですが、

この作品の役柄はまたまた強く印象に残るものでした。

主役も脇役も演じ、幅広い演技を残した役者さん、

乙羽さんもそんな中の1人でしたネ〆

posted by まなぶ at 20:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月09日

仮面劇場

yokomizo.jpg

再び、横溝正史 さんの作品を観ました。

仮面劇場

今回も金田一耕助には、古谷一行さん!

この原作には、金田一耕助探偵は登場していないのですが、

横溝さんに許可を頂いて、映像化した経緯があるそうです。

この作品の主人公とも云える人物が、大道寺綾子

日本が誇る海運王だった人物の未亡人です。

演じるのは、私の好きな司葉子 さん!

連続殺人劇の中にあって、気高く美しい存在感を放っています。

この作品は、出来としては今1つと云ったところですが、

名脇役の方々、ユーモラスな演出も相俟って、楽しいです♪

司さんを囲む役者さんたちは、

菅井きんさん 新村礼子さん 池部良さん 

金田一探偵や日和警部との絡みも愉快で笑えました。

さぁて、次はどの作品を観ようか?

楽しく迷っています(笑)

posted by まなぶ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月08日

水戸黄門第38部

satomi-koumon.jpg

新春からスタートした長寿番組 水戸黄門

今回は第38部で、里見浩太朗さんの8シリーズ目!

シリーズ数では石坂浩二さんや佐野浅夫を抜いて、

第3位の座を奪いました♪

2代目の西村晃さんと並んでしまった訳ですネ(笑)

助さん原田龍二さん、格さん合田雅吏さんも7シリーズ目。

あおい輝彦さんと伊吹吾郎さんの最長コンビがいますが、

頑張って出演し続けて、2人で抜いて頂きたいものです♪

最近レギュラーだった池内淳子さんや岩崎加根子さん・・

お2人の姿がみられないのは淋しい限りです〆

posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月04日

滝沢秀明の雪之丞変化

murasa-kouta.jpg

滝沢秀明さんの新春時代劇を観ました、

三上於菟吉原作の傑作時代劇雪之丞変化

数ある時代劇の中でも、私の大好きな物語です♪

絶対にハズレのないと思いたい題材だけに、

心配も大きく膨らんでいました。

やはり若い滝沢君に、女形の役は荷が重過ぎるのではないか?

そんな懸念でしたが、

踊り、立ち回りと、自分で練習して努めている風景をみて、

じっくりと拝見することにしました。

滝沢さんの感情を露にする芝居を初めてみた気がします。

娯楽性や剣戟としての面白さは希薄でしたが、

主要人物たちの描かれ方に独自性があり、

現代の人々の心にも訴えかける趣向でした。

滝沢君の女形、闇太郎、私に及第点をあげたいと思います。

posted by まなぶ at 23:48| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

名物司会者

平日のオフの昼下がり、

少し遅めの昼食を摂る私がテレビを点けると、

tetsuko-kuroyanagi3.jpg

徹子の部屋 が放送されていました。

私は決して徹子さんが嫌いなわけではないのですが、

これだけその日のゲストに左右される番組はありません私。

関心の薄い方がゲストだと、観ませんネ〜!

徹子さんの腕前を拝見ッ!といきたい所なのですが、

観ませんッ!

posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月19日

24 シーズンY

24.jpg

24

毎年の恒例行事となった感のある番組を観始めました♪

今回はシーズン6番目、前作が個人的に楽しめたこともあり、

期待はいつも以上だったのですが・・・・

すべり出しからヒートアップ!

いろんな意味で私の予想を上回ってくれています!

さらに、人物の捉え方、画面構成もテンポも私好み、

1分先、1秒先がまったく読めないシリーズのウリも健在、

さらに今回は物語にも人物描写にもリアルな重みがあって、

いやがうえにも感情移入できる仕組みになっているのです!

数々の十字架を背負い、戦い続けるジャック・バウアー、

明日があるようでない、孤独なヒーローです!

ためらうことも、踏み止まることも許されない彼、

その戦いに終止符が打たれるのはいつの日なのでしょう・・・・

posted by まなぶ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月17日

水戸黄門の最終回

kkoumonikkou.jpg

里見浩太朗さんの時代劇の最終回スペシャルを観ました。

歴代の黄門俳優の方々にならぶ長さになってきたようですネ。

出演話数では、初代や二代目に及ばないものの、

里見さんの黄門様はすっかり完成・定着しているようです。

久しぶりに私はこの番組を観て感じたことが幾つかあって、

色んな意味でマンネリ化しつつあった物語に変化がみられ、

画面は奥行き、小道具やセットにもスタッフの工夫があり、

黄門さまの里見さんも行動的で新鮮さを感じられました。

ただ私の様な古いファンには、役者さんに不満が残ります。

大店の主に見えない風貌と物腰、

時代劇を意識していない芝居や現代語に近い台詞はまだしも、

身分や性格によっても、言葉遣いや衣装に区別が欲しいですネ。

「最早、私などの世代が観るべきではない質になりつつある」

そう実感せざるを得ない、昨今のテレビ時代劇かも知れません。

posted by まなぶ at 00:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月12日

ホタルノヒカリ

haruka-ayase.jpg

綾瀬はるか さん主演のドラマ、

ホタルノヒカリ が終了しました。

毎週々々、はるかさんの行動に、ハラハラ、ドキドキ!

藤木さんの気持ちが、す〜んごく分るドラマでした!

そして、本当に不思議なドラマでした。

若い女性の恋と仕事、

そんなひと括りには出来ない厚みの作品。

武田真治さんや国仲涼子さん、主役級の役者さんを贅沢に配置。

ちょっぴり2人の見せ場が少なかった気もしますが、

若手漫才コンビも逃げ出す笑いを飛ばす主役の2人、

それがたっぷり描かれていました♪

思わず噴き出してしまう場面がいっぱい、

こんなに笑ってしまう作品が終ってしまいました(涙)

今年の夏、最高に楽しめたドラマでした!

posted by まなぶ at 23:10| 東京 ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月13日

必殺からくり人 血風編

karakurinin2.jpg

スカパー!で楽しみにしている番組があります!

必殺からくり人 血風編

小さい頃から、必殺シリーズは大好きなのですが、

ちょうどこの時期の作品、観ていなかったのです私。

なので、からくり人は初観賞と云った雰囲気が漂っています。

からくり人としてはシリーズ第2作である「血風編」

主演は必殺二度目の登板となる草笛光子さん、

動乱の幕末、江戸・品川を舞台に、

官軍、幕府方・・・、泣かされ、虐げられる弱い者達の叫び、

そんな涙の滲む恨みを背負うからくり人

異彩を放っている出演者たちの筆頭が、山ア努さん!

この時期の山崎さん、薄気味悪さが全開で怖いです。

異色のからくり人メンバー内でも異色中の異色。

役名も土左衛門と恐ろしい名前!

第一話のゲストは宮本信子さん、第二話は浅香光代さん、

脚本の出来も然り乍ら、お2人の演技には釘付けでした。

第三話のゲストが誰なのか?

心から楽しみにしています〆

posted by まなぶ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月27日

ルパン三世

lupin3.jpg

ルパン3世  を観ました♪

40周年記念作品と云うことで、期待して観ました、

がっ!!

見事に裏切られてしまいました(ハハハ)

まったく胸に迫るものがないと云うよりも、

無機質。

と云う言葉がピッタリ来る作品でした。

たまにあります、個人的にそう感じる作品がネ。

しかし、私の好きな「ルパン三世」って、

こんなにつまらなく作れてしまうことに驚きました。

貶しすぎたかも知れませんが、

これで40周年記念作はないでしょう(ナハハ)

次回作に期待しています〆

posted by まなぶ at 23:32| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

女帝 加藤ローサ

rosa.jpg

加藤ローサ さん初主演のドラマを観ました♪

女帝

豪華な共演者にも期待してしまいましたが、

放送が始まってからの予想もつかない展開に驚きました!

前半30分で大映ドラマ並のテンコ盛りなエピソード。

そして無理やりな主人公の人生目標に笑ってしまいました。

ヒロインの出会う人々が、誰も彼もまともでなく、

コテコテで時代錯誤な台詞もガンガンと飛び出します。

来週が待ち遠しいほどの盛り上がりで今夜は終わりました。

何といっても、加藤ローサさんの演技が見どころです♪

posted by まなぶ at 22:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月10日

鬼平ふたたび

onihei.jpg

録画していた「鬼平犯科帳スペシャル」 を観ました!

久々に懐かしい顔触れが揃い、入り込んでしまいました♪

故江戸家猫八さんが演じた相模の彦十には長門裕之さん、

まったく違ったアプローチで彦十を演じていましたネ。

尾美としのりさんの木村忠吾さんもイイです!

人間臭くって、情に厚くて、遊び好きで(笑)

このシリーズにはなくてはならない名脇役ですネ!

ゲストの一本眉こと清洲のお頭には宇津井健 さん!

以前に演じた芦田伸介さんと違った飄々としたお頭ぶりでした。

そう云えば、中村吉右衛門さんの鬼平犯科帳には、

2人のさそりが共演していますネ!

女囚さそり701号 です!

初代の梶芽衣子さんと、二代目の多岐川裕美さんです!

女密偵のおまさ、平蔵の妻久榮

今回の多岐川さんは幼さを前面に出していましたが、

ちょっぴりカマトト(?)で浮いていた様に感じました(笑)

またの再会に期待していたいシリーズですネ〆

posted by まなぶ at 15:58| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月23日

犬神家の一族(TV版)

inugami-family.jpg

スカパー!で懐かしのテレビドラマに再会しました♪

TBSで1977年に放送された犬神家の一族 です!

私の狂喜乱舞するような役者さんが次々に登場します!

主役から脇役まで、適役が揃いも揃ったりのサービス!

スタッフも旧・大映映画の一流が集い、鉄壁の布陣です!

全5話。演出には工藤栄一監督が当たっています。

この作品で、私は古谷一行さんの金田一探偵と初対面しました。

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☀| Comment(1) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月02日

最終月に突入

fujiyama.jpg

遂に3月になってしまいました〜(涙)

いえいえ、待ち望んでいた の到来は嬉しいのですが、

半年間、私の心の支えだった、“あの”番組が終わってしまうのです・・・

芋たこなんきん

まるで自分の身内の様に見守っていた家族たち、

作家の花岡町子先生、町医者の徳永健次郎先生。

いつまでも続けて欲しかったのですが(笑)

次週は一気に20年余りも時代は流れて、平成3年。

60歳を迎えた町子先生を中心に、物語は展開されます。

最終話まで、瞬きしないで観たいと思います〆

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。