2008年11月29日

愛のままで・・・

20081129.jpg

今年の紅白歌合戦の出場歌手の中に、この方がいます。

秋元順子 さん!

まだ新人歌手と呼べるオールド・ルーキーですが、

秋元さんの歌を1度聴いてビックリ、いいえ度肝を抜かれました!

心にしみいる歌声、往年の大歌手を思い出させる表現力。

もう会う人会う人にお薦めしたいくらいの気持ちなのです(笑)

今年の大晦日は、秋元さんの出番を待ち侘びてしまいます私!

彼女のサードシングルが、大ヒットしています。

のままで・・・

愛のままで


posted by まなぶ at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月28日

赤いハンカチ

20081128.jpg

昭和37年のヒット歌謡曲を楽しんでいる私なのですが、

中でも気になっている一曲があります。

石原裕次郎 さんの歌う、赤いハンカチ

この曲は同名映画の主題歌としても有名なのですが、

私はこの作品をいまだ観たことがありません。

この作品に限らず、映画スター時代の裕次郎さんを知りません。

名作映画「第三の男」を下敷きにした作品「赤いハンカチ」

すぐれた高水準の作品だと耳にしました。

歌ともども、映画「赤いハンカチ」も観てみたいと思います〆

赤いハンカチ

posted by まなぶ at 22:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

寒い朝

暖かかった今日一日。

しかし家路につく頃からグングン気温が下がっていきました。

明日は西高東低の寒い一日になりそうです!

いよいよ冬本番ですネ(今から冬構えです)

誰もが起きだすのも辛い朝が始まりますネ!

そんな冷たい朝に、思い出すと幸せな気持ちになれる歌が、

20081118.jpg

吉永小百合さん の歌った、寒い朝 です!

“北風の中に〜聞こうよ春を〜♪”

「寒さの向こうに楽しい出来事が待っている」

そんな気持ちにさせられるから不思議です。

“心ひとつで、暖かくなる〜♪”

本当にそう思えます〆



寒い朝
posted by まなぶ at 23:22| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

あざみの歌

職場で、年上の同僚の方と話をしていたところ、

懐かしい歌謡曲の話題となりました。

次々に思い出される歌に夢中になっていたら、

あざみの歌 という歌の存在を教えられました。

20081107.jpg

実は、私はその歌のことをまったく知りませんでしたので、

その夜、早速調べてみて、この歌の美しさに驚きました。

とても難しいので、私には歌うことは出来ませんが、

私の好きな曲目に「あざみの歌」も加わりそうです(笑)〆

あざみの歌


posted by まなぶ at 22:24| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月23日

悲しくてやりきれない

20081023.jpg

井筒和幸監督の「パッチギ!」 に印象に残る曲がありました。

悲しくてやりきれない

俳優のオダギリ・ジョー さんが歌っていますが、

これがオリジナルに負けない出来栄えなのです!

作品中でも、この曲が流れるのは、1番の名場面なのですが、

オダギリさんの詩の表現が相乗効果となって生きています。

悲しくてやりきれない


posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

竹田の子守唄

20081022.jpg

今年、私の心をクグッと掴んでくれた作品「歓喜の歌 」

使用された曲の中で、思わず落してしまった場面で流れたのが、

竹田の子守唄 でした!

女性コーラスの美しい歌声とともに奏でられるメロディー。

あの場面だけ、作品全体とは違う空気感に包まれていました。

由紀さおりさんの実体験に基づく、エピソードとさえ思えました。

竹田の子守唄

いま、私の心の中に、一番流れているメロディーなのです♪

竹田の子守唄


posted by まなぶ at 22:07| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月31日

色づく街

saori-minami.jpg

南沙織さんのヒット曲、「色づく街」

懐かしく、時おり思い出してしまうメロディーです。

稀代の名作曲家である筒美京平さんの作品です♪

南沙織さんと夫の篠山紀信さんとの間にできた息子さん。

現在は芸能界に入り、活躍されています〆

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月05日

京のにわか雨

“誰もいない心に にわか雨が降る〜♪”


のにわか

rumiko-koyanagi6.jpg

小柳ルミ子 さんの1972年のヒット曲です!

この時代の歌謡曲のテーマ性はどれも似通っているのですが、

こんな歌詞と旋律が、人々の琴線に触れる時代だったのでしょうネ。

私の少年時代、これらのヒット曲が巷に流れていたのです。

私の心身にじっくりと沁みこんでいる気がします。

「京のにわか雨」も、一度聴いたら忘れられない作品です。

渚ゆう子さんの歌った「京都の恋」に編曲も詞も似ていますが、

日本らしい情緒は、こちらの方が濃く現れています。

小柳さんのサビで聴かせる高い声が、哀しみを際立たせていて、

「お祭りの夜」にならぶ代表曲だと思います〆

 京のにわか雨

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

淋しがりや

azusa-michiyo2.jpg

梓みちよ さんです!

昭和30年代の こんにちは赤ちゃん の頃とイメージ一新!

昭和50年代に完全復活した梓さんは、夜のムードでした。

それはたとえるならば、

“太陽晴れ と 月三日月

輝くような笑顔で翳など微塵も感じさせなかった梓さんが、

正に夜のムードに転身したのは驚きでした!

そんな梓さんのヒット曲の中から、

淋しがりや

酒場 孤独 涙 愛にはぐれた男女

こんな言葉が並びそうな歌を歌った梓さん、

“恋は何色嘘の色 嘘は何色夢の色 夢は何色涙色”

せつなさで胸が苦しくなってしまう詞と旋律です〆

♪ 淋しがりや

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月27日

名前のない愛でもいい

takako-shirai.jpg

白井貴子 さんです。

すでに終了してしまった「火曜サスペンス劇場」

その主題歌には著名な歌い手さんが担当した名曲が多いのですが、

白井さんにもオファーがあり、登板したことがありました。

名前のないでもいい

なんと!作詞は秋元康 さん!

秋元さんの作詞した美空ひばりさんが歌った「川の流れのように」

あの曲と同じ路線の詞の世界の、バラードです♪

「火曜サスペンス劇場」の数ある曲の中でも、

私個人の評価で云わせて頂くならば、5本の指に入ります。

白井さんの伸びやかな声でこの曲を聴いていると、

心が洗われる思いです〆

♪ 名前のない愛でもいい

posted by まなぶ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月19日

別れの朝

wakarenoasa.jpg

ペドロ&カプリシャス さんです!

代表曲として有名なのが、

ジョニイへの伝言  五番街のマリーへ

高橋真梨子さんがボーカルを務めていた時代の歌でした♪

そんな話を職場の休憩時間にしていたときの事です。

高橋真梨子さんは2代目ボーカルだったそうなのです。

初代の女性ボーカルの時、すでにヒットした曲があるとの事!

初代は前野曜子 さん

彼女が歌ってヒットした歌は、

別れの朝

ハスキーな前野さんの歌声 哀しい男女の別れの情景

こんな名曲が存在していた事を知らなかった私・・・

まだまだ名曲探しは続きそうです♪

♪別れの朝

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

浮世絵の街

dakari-uchida.jpg

内田明里(あかり) さんです!

私には大変懐かしい女性なのですが、

若い方はご存じないでしょうネ(残念ッ!)

一時期は内田あかり の名前で活躍されていました。

当時は女優業としてドラマなどにも出演されていました。

その頃にヒットした内田あかりさんの歌がありました。

浮世絵の街

当時は頻繁にテレビなどでこの歌を歌う姿を拝見していました。

浮世絵の描かれた衣装を着て、艶っぽい振り付けで歌う内田さん。

何とも妖しげで、少年時代の私もドキドキした記憶があります。

この歌の作曲者も、「人形の家」の川口真 先生 なのです!

一度聴けば耳に残る、存在感ある歌なのが「川口メロディ」です♪

「浮世絵の街」はこちらで。
 
posted by まなぶ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月08日

あなたの心に

chinatsu-nakayama.jpg

「元祖マルチタレント」の中山千夏さん

実に多才な方でしたが、私の記憶の中山さんと云えば、

「お昼のワイドショー」の司会者であり、

「ドロロンえん魔くん」の主題歌の歌手であり、

参議院議員の先生・・・

しかし、今の私の記憶の中山千夏さんと云うと、

懐かしのヒット曲、

あなたの

この歌を作詞して、歌った方です♪

こんなにも純粋な詞と素直な旋律が受け入れられていた時代。

懐古趣味だと云われても、私には愛すべき歌なのです〆

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月31日

きみの朝

この写真の若くハンサムな男性、

satoshi-kishida.jpg

岸田智史さんです。

現在はお名前も岸田敏志と改名されて、

「渡る世間は鬼ばかり」の山下健治さんの役で御馴染みですネ!

その岸田さんは、元々は歌い手さんとして活躍していた方で、

十朱幸代さん主演ドラマ「愛と喝采と」の挿入歌がヒット。

それが、きみの朝 でした♪

劇中の役柄も岸田さん自身のような歌手の青年でしたので、

今も、あの役のイメージが重なったままなのですよネ〜

そのヒット曲である岸田智史さんの「きみの朝」を、

私は10年以上も昔に、カラオケで歌った事があります。

もちろん若い世代は知らないくらい古い歌なのですが、

知っている世代の反応が興味深かったので覚えています。

居心地の悪そうな人、苦笑いを浮かべていたりする人、

確かに“モーニングモーニング♪”のフレーズは恥ずかしいし、

決して格好イイという分類の曲ではありませんが、

そんな周囲の反応に、歌った私のまでも居心地の悪い気分でした。

しかし、「きみの朝」は素直にいい歌です〆

posted by まなぶ at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月22日

星の流れに

shootingstar7.jpg

星の流れに

近頃の私が、ついつい口ずさんでしまっている歌です。

時代を感じさせるメロディと、心に響く美しい詞の世界。

私の心をとらえてしまう曲の1つなのですが、

難しくて、私にはとてもとても歌えません(笑)

星の流れに 身を占って

何処をねぐらの今日の宿


やはり、名曲は永遠不滅なのです〆

posted by まなぶ at 23:56| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月12日

滝の白糸

女水芸人、滝の白糸の物語・・・滝の白糸

泉鏡花の原作は、滝の白糸の献身的な愛情が描かれますが、

時代が移り変わろうと、人間が描かれた作品は古びないものですネ。

何度も映画化もされた、この作品ですが、

歌の世界でも、何度も題材にとりあげられていて、

石川さゆりさんも、同名の歌を歌っていました。

sayuri-ishikawa5.jpg

しかし、昨年まで、私は石川さんのこの歌を知りませんでした。

歌謡番組で披露された「滝の白糸」を聴いていた私は、

体に電気が流れたような感動をしてしまいました。

前奏が流れ始めてから、すでに曲の世界を感じていた私なので、

石川さんの歌で、完全に打ちのめされてしまっていました。

この歌の存在を知らなかった自分にも、驚いています〆

posted by まなぶ at 00:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年01月11日

せんせい

sanbashi4.jpg

毎朝の通勤電車に乗っている私が、

ふと口ずさんでいる歌があります。

懐かしのヒット曲、せんせい

見事な歌唱力で森昌子さんが歌った作品ですが、

詞の世界、メロディ、共に私の心にも強く刻まれています。

“淡い初恋消えた日は〜雨がしとしとふっていた〜♪”

posted by まなぶ at 23:26| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。