2011年11月18日

女神降臨

今夜のテレビを眺めていたら、

私を癒してくれる2人の女神が共演していましたっ!

なんという運の良さでしょうかっ!

20111118.jpg

夏目美久 さんと、

20111118b.jpg

安めぐみ さんっ!

甲乙つけがたい魅力のお2人が、並んで登場しているなんてしあわせです♪

ホンワカした可憐な日本女性の2人に、うっとりでした〆

posted by まなぶ at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月26日

フリンジ

20100226.jpg

海外ドラマ「ロスト」、映画「スター・トレック」

監督で、製作者であり脚本家でもある、JJ・エイブラハムズ

彼の手掛けた海外テレビドラマが話題となっています。

フリンジ

非主流の科学を扱った異色のサイエンス・ドラマ!

パイロット版である第1話の製作費は何と10億円!

破格のスケールとミステリアスな内容で釘付けですっ!

観れば観るほど謎が深まり・・・

ってこれは「ロスト」も同じでした(笑)

エイブラハムズの作り出す作品に浸っていると、

新しいけれど、なぜだか懐かしい非日常の世界を感じます。

過去に夢中になった作品へのオマージュ。

そこがまた魅力でもあるのでしょう♪


posted by まなぶ at 23:44| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

愛しのブリジット

20090920.jpg

文句なしっ!

と私が豪語する女性(女優。タレント。その他モロモロ・・・)

その中でも、パツグンの魅力を放っているのが、

ブリジット・バルドー さまです♪

その容姿、色香、すべてにおいて完璧と思える女性の1人です。

って完璧が何人も存在している私は変なのですが(本当です)

淑女、天使、悪女、

どんな役を演じても、ブリジットの魅力は変わりません。

女豹の様な鋭さ、聖母の様な温かさ、

ブリジット・バルドーは女神です!

安めぐみさんも!


posted by まなぶ at 23:03| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月18日

24 シーズンZスタート

20090718.jpg


期待のアメリカテレビシリーズ、

24 シーズンZ

待ちに待っていた作品でしたっ!

通常ならば昨年放送されたシーズンZですが、

脚本家組合のストなどの諸事情により延期を余儀なくされ、

やっと今月になってリリースされたのです。

我らがジャック・バウワーの活躍はもちろん。

お馴染みのキャラクター、新登場のキャラクター。

舞台もメンバーも一新との評判だっただけに心配もありましたが、

なんのなんのっ!

予想以上の面白さで満足しています♪

また年末まで眠る間も惜しい日々が続きます(笑)


posted by まなぶ at 23:59| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月27日

磯野フネさん

20090627.jpg

1969年の放送開始以来40年。

長谷川町子さんの漫画、サザエさん

声優さんたちも長い間で代わって行ったそうです。

観ていた(聞いていた?)私の気づかないことも多く、

初期メンバーは、波平さん、フネさん、サザエさん、タラちゃん。

この4人のみだそうです。

カツオ君とワカメちゃんの声が変わった時は驚きました。

個人的にはノリスケさんでした。

馴れ親しんだ仲間、ご近所の家族の様に感じてしまう番組です。

長寿番組の宿命とはいえ、悲しい現実ですネ。

今回、フネさん役の麻生美代子さんが一時的に降板。

一話分だけ欠席で、元気に復帰されたそうです。

その麻生さんの代役をつとめたのが、谷育子さん。

ムーミンママとしても名の知られた方です。

優しいお母さんのフネさんのイメージにはピタリですネ。

世間も注目する長寿番組ですネ〆


posted by まなぶ at 21:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

弘田三枝子しんぐるこれくしょん

mico7.jpg

我が心の歌姫弘田三枝子 さん!

そのMICOさんのCDを注文しました♪

弘田三枝子しんぐるこれくしょん

2枚組みで50曲にも及ぶシングルが収録されているのです!

あぁ〜早くこの手に触れてみたい! 

一時も早くこの耳で聴いてみたい!


毎日がMICOさんの歌声につつまれます♪

MICOさんの歌声は薔薇色の魅力なのです!

posted by まなぶ at 07:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月30日

悲しきハート そのA

mico4.jpg

弘田三枝子さん!

もうすっかり私のディーバとなってしまったお方です。

弘田三枝子さんの歌はどの曲も素晴しいのですが、

私の職場での応援歌のような存在となっている曲が、

悲しきハート

恋におちてしまった女性の心情を歌った曲なのですが、

恋の苦しさ、切ない女心、

何も考えられない、 何もしたくない、


弘田三枝子さんの圧倒的な歌唱力で聴かせますっ!

私の仕事も明るく楽しく、そして捗る事となります♪

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月06日

はぐれ刑事純情派(再)

makoto-fujita.jpg

“藤田さんっ!”  でなく “やっさんっ!” ですネ♪

はぐれ刑事純情派

大好きですこの番組〜

すでに終了して久しいのですが、再放送でお目に掛かると、

懐かしいレギュラー陣の芝居には魅入ってしまいます私、

出掛けようとしていても、シャワーを浴びようとしていても、

この番組を見かけてしまうと、も〜うダメです!

オシマイまで観なければ収まりません。

 人情 悲哀 人生 男 女 

山手中央署の面々も味わい深い刑事たちばかり・・・

毎回、様々なゲストを迎えた大人の芝居、

こたえられませんね〆

posted by まなぶ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

地上最強の美女たち

現在、BS放送で土曜の夜にやっています♪

angel5.jpg

チャーリーズ・エンジェル

懐かしの海外ドラマシリーズの中でも、思い入れの深い作品です!

私と彼女たちとの出会いは、この第1シーズン

サブリナ ジル ケリー 

3人のオリジナルエンジェルです♪

年内の放送は本日で終了、来年の再スタートが待ち遠しい限り〜

好きなものは、幾つになっても変らないものです〆

posted by まなぶ at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月14日

恋しい聖母(マドンナ)

私のマドンナである、

松尾嘉代さん

kayo-matsuo.jpg

すっかりテレビや映画から姿を隠してしまったままの方ですが、

彼女を求めて、私のビデオライブラリーから1本!

徳川の女たち

松尾さんの登板は、第一部、

華麗 春日局

もちろん松尾さんはタイトルロールの春日局

松尾さんの春日局、文句のつけようもありません!

好敵手のお江の方には、久保菜穂子 さん!

お2人のバトルシーン(もちろん口喧嘩です)はエクセレント!

献身的な春日局の泣ける場面もありあり〜♪

こんな天才的な演技力を持つ松尾嘉代さん・・・

生かす場、企画、作品がないなんてえぇ〜

の持ち腐れ」以外の何ものでもないですネ〆

posted by まなぶ at 23:27| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

話が早い

もうかれこれ10年以上も住んでいる私の街・・・。

その商店街には、小さな輸入雑貨屋さんがあるのですが、

この10年間、時折りですが、ズッと私も通っていました。

のぞいては、面白い雑貨や懐かしい商品をみるだけで、

店員さんともほとんど言葉を交わすこともなかったのです。

しかし、本日、またまた立ち寄っていた私は、

ふと目に入った商品について、店長に質問をしたのです。

すると、その商品の映画作品を演出した監督の話題となり、

話がはずむはずむ〜♪

出演者や監督、スタッフや他の作品についても語り、

小さな店内は大いに盛り上がりました!

些細な出来事で、一気に距離が縮まり、親しくなる・・・

人生、何がどんな展開に繋がるか分りませんネ〜

あっ! その原因となった偉大な監督は・・・

bouhachi.jpg

石井輝男監督です!

posted by まなぶ at 00:54| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月21日

タランティーノ印

planetterror.jpg

タランティーノ & ロドリゲス 2大監督のコラボ!

奇抜なアイデア、奇想天外なキャラ、読めない展開、

2人の作品の2本立て映画が、日本では単品で公開です!

映画好きを唸らせる作品か否か?

期待が高まる2本です。

個人的には、タランティーノ監督作品では、

ジャッキー・ブラウン

がベストだと思っています。

タランティーノ色は薄めですが、

粋で、大人の観賞に耐えうる名作・・・

メロドラマです!

posted by まなぶ at 00:14| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月27日

復活したバーホーベン

blackbook.jpg

ブラックブック

1人のユダヤ人女性の、復讐裏切りの物語。

監督は、この作品を故郷のオランダで撮り上げ、完全復活した、

ポール・バーホーベン

「不道徳、エログロ」と誹られようとも、我が道を進んだ彼、

しかし、良くも悪くもアメリカ映画に影響されて来ました。

その彼が、母国でさらなるエロスと暴力を表現、

本来の彼に戻った、完全復活と評判です。

主演には新進気鋭のカリス・ファン・ハウテン

次回作のOO7で、ボンドガールとの噂も流れる期待の女優。

復讐の女、女スパイ・・・彼女の活躍にも期待したいです♪

posted by まなぶ at 02:27| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月25日

ザ・ピーナッツ

.jpg

今や私は、明けても暮れても、ザ・ピーナッツ な毎日です!

通勤の電車でも、彼女たちの歌声を聴き続けています♪

恋のオフェリア  ウナ・セラディ東京 恋のフーガ

どの曲にも新鮮さと個性を感じてしまい、聴き入ってしまいます。

演奏楽器に時代を感じますが、それでも古びていない曲たち、

時代も世代も超え、良いものは残ってゆくものですネ〆

posted by まなぶ at 23:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月26日

ボンドガールよ永遠にA

eva-green.jpg

ところで、新作OO7に特典映像として収録されていた、

ボンドガールよ永遠に ですが、

私の想像していたような、娯楽性のある内容ではありませんでした。

かつてのボンドガール、マリアム・ダボさんがホステスとなり、

先輩、後輩のボンドガールたちを尋ね、対談する筋立てでした。

意外なほど、現実的な彼女たちの歯に衣着せぬトーク、トーク・・

時には作品批判、時には賞賛とも受け取れることしばしば。

長年のファンの私としては、

歴代の女優さんたちの本音がとても、

なぜだか淋しいものに映りました。

そんな中で、私の心に残ったコメントは、

7作目のジル・セイント・ジョンさんの言葉でした。

“映画なんだもの・・細かい事いわず、楽しめばいい♪”

まさに仰るとおりだと感じました〆

posted by まなぶ at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月26日

再び、島津亜矢さん

aya-shimazu3.jpg

歌謡番組で御見掛けする度、惚れこんでいます♪

島津亜矢 さん!

諸先輩方の名曲を歌う姿も、溜め息がでるほどの歌唱力。

聴き惚れてしまえる歌い手さんは、本当に数少ないのですが、

島津亜矢さんは、私の中でも、すでに別格の存在です!

私の1番大好きな島津さんの名曲、流れて津軽

何度繰り返し聴いても、少しも薄れない感動を味わっています。

これだけの才能を持った歌い手をこの世に遣わした神様!

私はあなたに感謝したい気持ちです〜♪

posted by まなぶ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

年を自覚する

kuroyanagi.jpg

徹子の部屋

昼下がりの人気長寿番組ですね! 私もたまにみたりしますが、

何といっても司会の黒柳さんが独創的な女性で面白いですネ♪

たまにしかみない私でさえ、何度も見ている光景があります。

それは、舞台で活躍する役者さんがゲストの時の会話に多いのですが、

黒柳さん自身が、御自分の舞台での役柄を話す時のことです。

“私、この舞台でお婆さんの役をやったの・・”

もし、黒柳さんと同年代の女優さんが、お婆さん役を演じたとしたら、

お婆さん役を演じたとは云わないでしょうネ。

そこが黒柳さんの黒柳さんたる魅力だと思います(笑)

恐らく、黒柳さんは、自分がお婆さんだなんて思ってない(思いたくない?)

もしかしたら、彼女は自分をオバサンともお婆さんとも思っていなくて、

“私は黒柳徹子です!”

という自覚しかないのかも知れませんネ(笑)

それが黒柳さんの独創性、若さの秘密であり、秘訣なのかもしれません。

posted by まなぶ at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月26日

ボウケンジャーショー♪

RedBaloon.jpg

昨日の東京は、日本晴れの一日でしたが、

行って参りました!  水道橋までっ! 東京ドームシティまでっ!

スカイシアター  まで!

もちろんっ!

轟轟戦隊ボウケンジャー に会いに! 

初めて訪れたドームシテイの規模や施設の充実ぶりにも驚きましたが、

駆けつけたファンの多さに感激してしまいました!

パパ、ママ、子ども達、お爺ちゃん、お婆ちゃん、若者達・・・。

さまざまな老若男女のファンが集い、今か今かと列をなしていました。

もちろん私もチケットと整理券を握りしめ、緊張しながら待っていました♪

今日は、素顔の戦士たちに出会える日なのです。

毎週日曜日、朝7時半からの“轟轟戦隊ボウケンジャー”

その主役である5人のメンバーが登場する日だったわけです!!!

たくさんの家族に紛れて、待つこと数10分・・・・、

キターッ!ショーが始まりました〜! 

もう私の気分も、大勢のチビッコたちと同じです!

チーフ〜! 真墨君〜! 蒼太さ〜ん! 菜月チャ〜ン! さくら姉さ〜ん!

肉眼でボウケンジャーの勇姿に出会えたという事実に感無量でした♪

本当にハンサムな光臣さん、 テレビよりずっと明るくて元気なヤスカさん、

スラリとして笑顔が素敵な真史さん、 美しくて可憐な知世さん、

そして、知性的で存在感のある末永さん。

テレビとは違う、のボウケンジャーは元気いっぱいでした♪

posted by まなぶ at 00:23| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

サイボーグ軍団篇

dash7.jpg

スカパー!で毎週々々楽しみにしているヒーロー番組、

愛の戦士レインボーマン

嬉しくも悲しい現実なのですが、

遂に、最終第4部がスタートしてしまいました!

次々に計画をレインボーマンに潰され続けた死ね死ね団

ボスのミスターKは、大っぴらな行動を開始を宣言!

4人の女性幹部の内3人をアフリカに派遣、ドクターボーグに委ねます。

それは、彼女たちを強力な力を秘めた殺人サイボーグに変える計画。

まず、第一の刺客として、キャシーがサイボーグキャシーとして登場!

手首からナイフ、剣も通じない鋼の体、足先からは機関銃を発射。

長年の怨み重なる宿敵=レインボーマンを追い詰めていきます。

さらに、サイボーグキャシーが指をパチンと弾くと、

“アイビームッ!”

叫びと共に、サイボーグキャシーの2つの瞳から赤い光線がっ!

幼い私には、美しい女性を改造するという設定も恐ろしかったのですが、

体に仕込んだ武器で襲い掛かってくる青白い美女の形相も衝撃でした。

第2部で倒された魔女イグアナの母、ゴッドイグアナも登場!

レインボーマン、死ね死ね団、ゴッドイグアナ、

三つ巴の戦いが始まりました♪

posted by まなぶ at 00:15| 東京 ☀| Comment(3) | TrackBack(1) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月25日

昭和40年代の伝道師

本日、お昼の公開生番組に、この方が出演されていました。

kento-handa.jpg    半田健人さん

史上最年少の仮面ライダーとして、半田さんが主演していた番組が、

「仮面ライダー555(ファイズ)」 です!

その前年から、私は平成ライダーシリーズを毎週(毎年?)観ていますが、

半田健人さんほど、異色の個性を放つ役者さんはいないでしょう。

今年現在で22歳なのに、なんと、彼がこよなく愛している時代は・・・

昭和40年代!

彼がこの世に生を受けるズッと昔の時代なのに(笑)

昭和40年代の文化、歌謡曲、出来事・・多岐にわたっての造詣も深く、

昭和40年代に生まれ、生きた私も舌を巻くほどの知識を彼は持っています。

彼については、私は以前から見聞きしていたのですが、

今日の出演番組では、自ら選び出し、編曲までした歌を歌い、

今年は先月からライブ活動も始動しているとのことで、驚きました。

本日の番組のVTRとスタジオの生放送とで披露した歌は2曲、


 ピーターさんの歌った     「夜と朝の間に」

今は亡き沢たまきさんの     「初めての日のように」


彼の歌を聴いていて、本当に好きなことが分かりました(笑)

歌唱力もですが、当時の歌、歌手の方々を思い出させる表現力。

それでいて、やはり22歳の青年です!

現代の若者らしさも感じさせる不思議な魅力を持ち合わせています。

そんな半田健人さんが頭から離れなくなったままの私なのです〆

posted by まなぶ at 00:08| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | カルトな存在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。