2011年11月20日

君が大好きです。

20111120.jpg

君の笑顔にホッとする。

君の存在に心が温かくなる。

今は自分の身体を1番にして欲しい。

君の人生は始まったばかり。

ずっと君を待っていたい。

僕も君の味方だよ。


posted by まなぶ at 00:36| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

山口百恵さん

20100716.jpg

引退から長い歳月が経過した今なお、記憶から消えることのない人は少ないです。

山口百恵さんも、その一人です。

どこかしら影のある、大人の匂いがするアイドルの百恵さん。

私より2つ上の姉が、百恵さんが大好きで大好きで、

ずっとレコードを聴いていたのを思いだします。

その百恵さんの歌に、こんな年になった私が魅せられてしまうとは、

百恵さんの歌には名曲が少なくありません。

冬の色  赤い運命  山鳩  ありがとう、あなた

私がカラオケでも何度も繰り返し歌ってしまう名曲ばかりなのです〆


posted by まなぶ at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月22日

名取裕子さん

20100622.jpg

清楚で和服も似合うしっとりとした女性。

若かりし頃の名取裕子さんのイメージでした。

今の名取さんの役柄っ!

勝ち気で恐れを知らぬ猪突猛進の敏腕検事。

そうです!お茶の間でも好評の人気シリーズ、

京都地検の

現在も再放送などで楽しませてもらっています♪

名取さんのキャラクターは最高にクール!

ビシッとスーツに身を包んだ颯爽とした検事もですが、

和服で買物帰りに、ご近所の女性たちとの井戸端会議も素敵!

名取さんの代表作です「京都地検の女」

次回の第6シーズンは10月スタート。

これまでどんな相手にも怯まず対峙し続けたヒロインですが、

東京で暮らす夫の母=姑が登場します(笑)

唯一、彼女の頭の上がらない相手がこのお姑さんだそうで、

しかも演じるのは、有馬稲子さん!

これは絶対に見逃せないです♪

これからもズッと続いて欲しいと願って止まないドラマです〆


posted by まなぶ at 21:42| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

徳山秀典さん

20100612.jpg

多才な役者さんですっ!

俳優というより、役者という言葉がピッタリの人。

子役時代からの長いキャリア、生まれ持った資質を感じます。

そして培われた演技の実力。

その容姿や物腰から、かなり役柄になりきるタイプの方です。

演技、表現に関してはもう文句なしの徳山さん。

キャリアをみても、共演者やスタッフからも愛される人柄。

その魅力は徳山さんのブログからも伝わって来ます。

演技とともに徳山さんの大きな才能が、「」です♪

歌手としても十分、いいえ、十二分の実力の徳山さん。

ズッと幅広いファンから愛される役者さんです〆

徳山秀典さんの歌う、「LIFE」はこちら♪ です、


posted by まなぶ at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

松田聖子さん

20100609.jpg

私が毎週欠かさず観ているドラマ「ジェネラル・ルージュの凱旋

その主題歌が、松田聖子さんの歌う、

「いくつの夜明けを数えたら」

なんとっ、歌っている聖子さん自身が作詞と作曲でした!

もはや他の追随を許さない存在ですネ〜聖子さん。

自信にみちた貫禄すら漂っています(笑)

長い期間を、幅広いファンに指示され続ける聖子さん。

これは才能と努力だけでは成し遂げられないことです。

いくつの夜明けを数えたら・・・・

聖子さん自身の思いが透けて見えるような詩の世界。

繰り返し聴いてしまう存在感が魅力です〆


posted by まなぶ at 23:57| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月24日

ジュリアン・ムーアさん

20100524.jpg

ジュリアン・ムーア さん♪

威風堂々といった貫禄の大女優さんです(笑)

彼女は美しさも演技力も持ち合わせた女優さんですが、

シリアスな演技もコミカルな演技もハマってしまいます!

これは稀有な才能の役者だと私は考えているのですが、

日本で云えば、先頃亡くなられた石立鉄男さん、

そして春川ますみさんが浮かびます。

一体、日頃の石立さんや春川さんて、どんな方なのかなぁ?

子供の頃に真剣に想像してしまいました私。

実際のジュリアンさんは、どんな人柄なのか?

聞くところによるとジュリアンさん、

シーシェパードの後援者なのだそうです。

うーーーーーん。

ますますジュリアンさんの人柄に興味がわいてまいりました〆


posted by まなぶ at 19:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月23日

安田道代さん

20100523.jpg

安田道代さん

現在は結婚し、大楠道代さんです。

現在も映画やテレビの第一線で活躍する女優さんです。

強い個性、さばけた人柄の女性を演じる大楠さん。

現在、再放送中の時代劇「大江戸捜査網」のくれないお蝶

毎週々々、私は楽しみにしています♪

くれないお蝶は、隠密同心での唯一の殉職者なのですが、

その理由も実にお蝶(=芸者の胡蝶)らしいものでした。

幼い子供を救おうと、自らは犠牲となってしまう・・・・

隠密同心たちの心得の條には、

“猶、死して屍、拾う者なし”

と、厳しく戒められているのですが、

亡くなった胡蝶を、仲間の隠密同心たちは弔いました。

そして彼女の遺骨を、ふるさとの土に埋めたのでした。

そんな悲しい幕引きの隠密同心「くれないお蝶」ですが、

尚更、私の記憶には強く残っています〆


posted by まなぶ at 22:58| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

合田雅吏さん

20100512.jpg

テレビ時代劇「水戸黄門」

その5代目の渥美格之進を演じているのが、合田雅吏さん。

合田さんは渥美格之進を、過去の役者さんと同じく、

実直で真面目な堅物で、純で心優しく演じましたが、

しかし、その中に、合田さんの持ち味も織り交ぜていました。

精神的な脆さ、そして、そこはかと漂う気品です。

合田さんは長髪が似合います♪

格さんの姿も素敵ですが、時折りみせる若武者姿は絶品!

総髪、武芸者のような浪人姿などなど・・・

本当に美剣士で、助さんのおカブをとってしまいそうでした。

合田さん、今後はどんな役柄を演じて行くのでしょうね。

ぜひとも、本格的な時代劇のヒーローも演じて頂きたいです。


posted by まなぶ at 21:55| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月25日

仲村トオルさん

20100425.jpg

「チーム・バチスタの栄光」「ナイチンゲールの沈黙」

2作品で適役の白鳥圭輔を演じた仲村トオルさん!

今回の「ジェネラル・ルージュの凱旋」も毎週楽しみです♪

仲村さんの白鳥の出演シーンは締まりますっ!

医療現場を舞台にしたスリリングで緊張した物語ですが、

それを体現する存在としても、白鳥の演技の緩急は見所です。

仲村さんと伊藤淳史さんの息もピッタリで安心していられます〆


posted by まなぶ at 23:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

沢田亜矢子さん

20100402.jpg

毎週々々、楽しみにしていた時代劇の再放送がありました。

そのゲストに、沢田亜矢子さんが出演していたのです。

女1人、誰にもすがらずに生きてきた少し淋しげな女性・・・

それが沢田さんの演じていた役柄でした。

私が魅了されたのは、沢田さんの身のこなし、立ち姿です。

何も語らず、ただ庭先にすっと佇む姿。

所作の1つ1つに気品があり、奥ゆかしいのです。

沢田さんは昔々、「大岡越前」のレギュラーでした。

私の幼い頃ので、沢田さんも町娘の役でした。

その頃からの着物の着こなしを考えても、本当に美しい沢田さん。

いつも微笑みを浮かべながら、ひたむきに生きる美しい女性。

そんな表現がぴたりとする、沢田さんの美しさでした。

もっともっと時代劇の出演や、和服でのお仕事を期待したいです♪


posted by まなぶ at 15:10| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

リーアム・ニーソン

20100306.jpg

昨年の3月、最愛の夫人を亡くされたニーソン氏。

葬儀でのやつれきった痛ましい姿が報道されていました。

立ち直れないのではないか?

そんな心配まで、ファンはしていたと思います。

失意の中から、ニーソン氏は立ち直りを遂げました。

そして次々と新作映画に意欲的に取り組んでいます!

アメリカテレビドラマ「Aチーム」の映画化作品では主役っ!

かつてジョージ・ペパード氏が演じたハンニバル役です。

どんなリーアム・ニーソンのハンニバルが完成したのか?

楽しみです♪


posted by まなぶ at 23:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

ゆき姐ぇ

20100301.jpg

オフの朝、テレビショッピングを眺めていたら、

中高年向けのブラを扱ったデモンストレーションをしていました。

その司会をしていたのが懐かしい?山田邦子さんでした!

それ以上に、ブラをプロデュースしていたのが、この人っ!

ゆき姐ぇこと、

兵藤ゆき さんっ!

御主人の留学で、アメリカで生活していた兵藤さんでしたが、

今では家族とともに帰国、日本で活躍されているのでした。

ちっとも変わらない気さくな人柄、さばけたキャラ!

懐かしくてたまりませんでした♪


posted by まなぶ at 22:22| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月25日

サミュエル・L・ジャクソン

20100225.jpg

今年で62歳になるこの男、

俳優、サミュエル・L・ジャクソン

いつの間にか、観る映画にチョイチョイ顔を出していた彼っ!

そして、そのカリスマ性、クールな存在感でメキメキ人気者に!

話題作、秀作、次々に出演し、

今や押しも押されもしないスターです!

今回、彼の過去、人となり、現在を描いた番組を観ました。

祖母と母に育てられ、今は妻と娘をこよなく愛する1人の夫=父

悪人、善人、様々な人物になりきって来ました。

私は、あの大作に出演しただけでも賞賛に値すると思います。

スター・ウォーズ

その新しい3部作にジェダイとして出演したのでしたっ!

サミュエルのドラッグ中毒だった事も過去の思い出。

今では仕事仲間からも愛される、偉大な俳優の姿でした。

見逃しているあの映画にも、その映画にも・・・

サミュエルの姿はそこここに散見しておりました(笑)

posted by まなぶ at 02:09| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月13日

ルミナーラ・アンドゥリ

20100213.jpg

スター・ウォーズシリーズには星の数ほどの登場人物がいます。

その中でも、ジェダイの騎士、マイナーなキャラも膨大(笑)

知られたキャラでも、活躍の場もないままのキャラはまた多く。

このルミナーラ・アンドゥリもその1人!

ミステリアスという言葉がピッタリの外見、

全身の関節が柔軟で、通常みられない戦闘を展開するそうです。

彼女の活躍をみられる作品が、「クローンウォーズ」

アナキンの弟子=アソーカとのタッグもカッコいい♪

断然、応援したくなるマスター・アンドゥリです。

ちなみにジェダイは自分のライトセイバーを自作しますが、

その際、弟子は師匠のものを真似て、敬意を表すのだそうです。

すると、マスター・ルミナーラのセイバーをみていると、

マスター・ウィンドゥの昔のものと酷似しています。

もしかしてアンドゥリはウィンドゥの弟子だったのか?

エピソード1の時のウィンドゥのセイバーと酷似っ!

またはウィンドゥから譲り受けたセイバーだったりして・・・

未だに興味の尽きぬ、スターウォーズ世界です〆


posted by まなぶ at 22:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

俳優、レイ・パーク

20100128.jpg

レイ・パーク ご存知ですか?

11年前の「スター・ウォーズ エピソード1」の、

ダース・モールを演じたのが彼でしたっ!

ルーカス監督の大抜擢で世界中に知られたアクション俳優です。

その後も、大作映画に次々に出演しています。

でも、しかし・・・

どの役もちょっと首を傾げてしまうような役回りばかりです。

「スリーピー・ホロウ」の首なし騎士のスタント。

これは顔もでなければ、台詞も彼の台詞ともいえない役です。

まぁ首のない時を演じていたのだから台詞を話せません(笑)

「Xメン2」ではトードというカエルみたいなミュータント。

これもほとんど台詞が記憶に残らないような役でした。

舌がペロンと数メートル伸びる能力をもっていましたが、

あんなに舌が伸びたら・・・話せませんよネ(笑)

そして、「GI・ジョー」の覆面忍者!

沈黙の行をしていたようで、台詞なし、顔見せもなし。

覆面忍者ですから(笑)

今回、彼が素顔で、しかも沢山の長い台詞を話す作品を観ました。

結果としては、出来の良くないB級C級作品でした。

それ以上にレイ・パークの芝居の下手さに驚きました。

台詞も芝居もワンパターンでどうしようもありません。

この作品に関しては、脚本も演出も酷いものでしたが、

これは通常の劇映画、とも呼べない代物でした。

主役のレイ・パークを観ていて、私が感じたのは、

彼にはアクションに専念してもらった方が良いと云う事でした。

あの表現力の乏しさ、彼は役者向きではないようです。

彼のキレのあるアクションを生かせる企画はないものでしょうか?


posted by まなぶ at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月19日

キ=アディ・ムンディ

映画シリーズ終了からすでに5年がすぎた「スター・ウォーズ」

ファンである私は今も時おり振り返って観たりしております。

ことに新3部作はジェダイ騎士も多数登場するのですが、

私の期待していたほどは見せ場もなく、3作目で殉職したのが、

20100119.jpg

キ=アディ・ムンディ でした。

出番はちょっぴりでも、3作品に登場し、台詞もあった彼は、

幼いアナキン少年との面談でも重々しく意見を述べていました。

これはヨーダやメイスに次ぐ実力者だから活躍するぞっ!

そんな予想をしてしまった私だったのでしたが(笑)

確かに裏設定などを読むと複雑な身の上の彼なのです。

スピンオフ小説にもチョコチョコ名前が出て来たりしますが、

結局は皇帝陛下の「オーダー66」の犠牲者となりました。

そういえば、彼がまだライトセイバーを起動させる以前のこと、

「エピソード ファントムメナス」の関連本にこうありました、

キ=アディ・ムンディのライトセイバーの色は「

そうはっきりと伝えられていましたが?

結果として彼のではなく、メイスのライトセイバーが紫でした〆


posted by まなぶ at 22:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月14日

蜷川幸雄さん

20100114.jpg

「世界の蜷川」と呼ばれる蜷川幸雄さんです。

蜷川さんの監督作品も観ましたが、演出した舞台は未経験で、

今回、テレビでその蜷川演出の舞台裏を観ることができました。

台詞を台詞として、演技を演技として表現することではなく、

演ずる役者の実人生を表現しろっ!

そんなこだわりを持って演出しているように私にはみえました。

動き、間、その細かな演出も、決して真実味だけに執着せず、

緊迫感、迸る感情、嘘偽りのない動きを求めてのものでした。

ギラギラした緊張感。

それなしに役者の本分はないと云いたいような熱い情熱、

蜷川幸雄さんの根源はそこにあるように私には思えました〆


posted by まなぶ at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

中尾ミエさん

20091107.jpg

私の好きな東京MXの人気番組「5時に夢中!」

その金曜日のレギュラーコメンテイターが、中尾ミエさん!

ミエさんとゲストのトークやおしゃべりで構成される1時間!

中尾ミエさんは随分と息の長いタレントさんです!

タレントさんと云いましたが、本業は歌手、そして女優さん。

そのミエさんの話術、話の面白さは定評があります。

今も昔も、頭の回転の早さ、機転、ユーモアは健在です。

ただ、以前より毒気が薄れ、辛辣さも影を潜めてしまいました。

すっかり穏やかで優しいおばさまぶり♪

「5時に夢中!」では司会の逸見太郎さんの出番もないほど(笑)

1つ話題をふれば、他のコメンテイターの倍以上もおしゃべり。

観ている私もグイグイ引き込まれてしまいます。

あの巧みな話術、どうやって鍛えられたのでしょう?

いつまでも元気で、観ていて楽しくなります!


posted by まなぶ at 22:30| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月31日

浜田朱里さん

20091031.jpg

懐かしのアイドル、浜田朱里さんです!

松田聖子さんと同い年で、アイドルとして活躍した時代同じ、

私は浜田さんには歌手としてより女優さんとして記憶していました。

山口百恵さんのシリーズとして続いていた「赤いシリーズ」

その後任として、浜田さんが主演したのが「赤い魂」でした。

今回、アン真理子さんという浜田さんよりも過去の歌手を知り、

そのアン真理子さんの歌をカバーしていた浜田さんを知り、

さらに天地真理さんの歌もカバーしていたと知りました。

それは森田公一さんが作曲した「想いでのセレナーデ」です♪

天地真理さんの高いキーではなく、浜田さんは極々普通に歌唱。

それが新鮮で、なおかつ巧くて惚れ込んでしまいました!

繰り返し繰り返し聴いてしまっているほどなどです。

「想いでのセレナーデ」は山上路夫さんの歌詞も素晴らしくて、

森田公一さんのピュアな優しいメロディと相俟った名曲です♪

浜田朱里さんの歌う「想いでのセレナーデ」は、こちら♪


posted by まなぶ at 23:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月22日

涼しい季節も怪談を

20091021.jpg

近所のレンタルビデオ店に行くと、新たに列んだ稲川怪談が♪

時期外れとは知りながら、早速、借りて帰りました(笑)

今回はシチュエーションの怖さにこだわった話が多くて、

中でも、若者達が深夜の肝試しを決行し、恐怖体験する話。

真っ暗なトンネルを一列に並んで歩くシーンのおぞましさ!

百物語を気取って、怖い言葉を云いながら、順番を替わり合い、

段々と、自分達の言葉で恐怖が高まり、遂に恐慌をきたす彼ら。

まさに稲川淳二の独壇場!!

情景が目に浮かぶほど、集中して下さい。

他の事もしながらはダメです。

何かしながら楽しんではいけません。

稲川さんの語りに、全神経を集中して楽しんで下さい(笑)

怪談は涼しくなっても怖いです。

余計に怖くて、身体が冷えきってしまいます〆


posted by まなぶ at 22:59| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。