2010年10月12日

サバイバルオブザデッド

20101012.jpg

「ゾンビ映画の老舗」とも呼べる巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督。

その待望の最新作、「サバイバルオブザデッド」を観ました。

ロメロ監督のゾンビ作品はすべてセルフリメイクとも云えるのですが、

今回は正真正銘の続編、スピンオフ作品と考えて良い作品でした。

物語にはさほど接点はないまでも、前作の脇役が主人公に昇格し、活躍します。

今回もロメロ監督は変わらずの人間描写と、通俗性を取り入れています。

時にはゾンビそっちのけのドラマ有り(笑)

まるで懐かしの西部劇を観ているようなキャラクターたちが登場したり。

若い映画ファンの目にはどう映っているのか?

オールドファン?の私にはとても気になる所です〆


posted by まなぶ at 11:34| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

花のあと

20101011.jpg

ただ一度、剣を交えた人のために・・・

久しぶりに藤沢周平作品の映画を観ました。

北川景子さんが凛々しくも剣を振るうということでも注目していた作品です。

女ながらも剣術を習い、腕におぼえある組頭の一人娘、以登(いと)

ただ1度だけ、己をおなごと侮ることなく、真っ直ぐにみつめてくれた男・・・

その相手を秘めたままに慕う心。

慕っていた男が罠に落ち、あえなく自害したと知り、剣をとる以登。

北川景子さんが殺陣を練習して健闘しています。

脇役も好助演!

仇の市川亀次郎さんもですが、以登の許嫁である甲本雅裕さん♪

良い味を出していました。

さまざまな人の生きる姿に、胸がしめつけられてしまう、藤沢周平作品です〆


posted by まなぶ at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 最近観た映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月10日

訃報、池内淳子さん

20101010.jpg

女優の池内淳子さんが亡くなりました。

私の幼い頃から、和服姿の本当に美しい女性の一人が池内さんでした。

品があり、控えめで、間違ったことにはハッキリものを云える女性・・・

そんな役柄が似合った女性、清潔感と高潔さを持った印象の方でした。

私の大好きな番組が、池内さん主演の「女と味噌汁」です。

弁天池で「てまり」という名の売れっ子芸者で、お座敷にもでている室戸千佳子。

彼女はライトバンでおむすびと味噌汁の店も商っている。

そんな千佳子と人々とのさまざまな交流を描いたドラマシリーズでした。

それも池内さんの魅力があったればこそでした。

銀幕の女優の美しさ、匂い、格調をみせる女優さんがいなくなってしまいました。

寂しくなります。

池内さんのご冥福をお祈り致します。


posted by まなぶ at 19:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ニュースより | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

ロンリー仮面ライダー

20100722.jpg

小さい頃はテレビばかり観てすごしていました。

ちょうど特撮番組も全盛期で、私も毎日放送される番組に釘付けの少年でした。

特撮番組でも人気の高かった「仮面ライダー」

平成の今でも何作も製作されているのですから驚きです。

私の観ていた1番最初の仮面ライダーは藤岡弘さん。

その藤岡さんの1号ライダーの終盤、エンディングの歌も替わりました。

そのタイトルも、ロンリー仮面ライダー

何と、石ノ森章太郎さんの原作の世界観に近い歌なのでしょうか!

そしてやはり主題歌の作曲はこの人っ!

菊池俊輔先生です!

今もこの曲を聴けばあの頃の記憶が蘇ります、

仮面ライダーの勇姿、颯爽たる勇姿が・・・・。

子門真人さんの歌う名曲!「ロンリー仮面ライダー」は、こちら♪


posted by まなぶ at 23:19| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月21日

知恵と勇気と

20100721.jpg

後輩社員から相談を受けています。

“自分はこの職場に存在する意義があるのか?”

そんな本人すら見失っていることを他人の私に解るのか?

その後、しばし後輩の胸の内を聞いていると、

おぼろげながら理解できました。

彼は人と競うのが苦手で、駆け引きや計算も出来ない男なのです。

悪くいえば思慮深さが足りず、常に周囲との摩擦に悩んでいるのです。

まずは自分自身と向き合い、自分を理解する。

そこから出発することだと諭しました。

毎日、先輩や上司の悪い面ばかりが気になって、許せないと語る彼。

原因は彼自身の劣等感のようです。

彼と同じく、私もただの人間です。

恐らく大多数の人間は、程度の差こそあれ悩んでいます。

彼と同じように、私と同じように。

じっくり自分を知り、そして行動する。

そんなことを自分自身にも言い聞かせました〆


posted by まなぶ at 19:57| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなことがありました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

どうぞこのまま

20100720.jpg

1974年のヒット曲、どうぞこのまま

丸山圭子さんの歌った、日本のボサノヴァの名曲です!

私事ですが(毎度毎度ですネ)、

最近になって発見した自分のボサノヴァ好きな所。

ボサノヴァのメロディーに心地良さを感じてしまいます♪

さりげなくそこにしっかりと存在している、そんな歌ですネ。

何度聴いても、飽きる事がありません。

名曲です!

丸山圭子さんの歌う、「どうぞこのまま」は、こちら♪


posted by まなぶ at 20:58| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 名曲! | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

夜も昼も

20100719.jpg

深夜の勤務になって3ヶ月あまりが経過しました。

基本的に23時から8時ちかくまで作業していますが、

何よりの楽しみは4時を過ぎる頃に見られる、美しい夜明けの風景です。

都心の高層ビルの景色が、白々と明けて行くのは素晴らしいものなのです♪

疲れの大半がふっ飛んでしまうほどの美しさ!

もう一踏ん張りっ!

そんな活力が胸に漲るものです。

この美しさ、毎朝見ないのは勿体ない勿体ない(笑)


posted by まなぶ at 22:19| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなことがありました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月18日

心の架け橋

20100718.jpg

この春、職場での人事異動がありました。

私は日中の勤務から夜の勤務に変わり、生活も変化していったのでしたが、

当然のことながら、日中の仲間との接点も激減して、お互いにご無沙汰状態に・・

そんなある日、上手いタイミングでメールもしないままの仲間からメールが・・・

“2人の心に架かっていた橋が外されてしまった気分”

夜勤明けで疲れていたのも手伝ったのか、グサリと胸に刺さりました。

新しい仲間たちとの信頼関係、業務への集中。

精を出せば出すほどに、昼間の仲間との距離は遠のいて行くようです。

同じ会社の同僚ですら、こんな孤独感を訴えてしまうほどですから、

遠くはなれたもの同士ならば、どれほど侘しいものか・・・

しばし物思いに耽ってしまいました〆


posted by まなぶ at 22:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | こんなことがありました | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

善人と悪人

20100717.jpg

2年以上も勤めていた同僚が退職しました。

正直、私としてはホッとした気持ちの方が強い同僚だったのです。

数々の問題を起こし、トラブルメーカーとも呼べる存在でした。

仕事上の問題。人間関係。

よくぞここまで!

そう思えるほどのトラブルの連続で、数えきれません。

本人の性格、人となりがすべてと私は思うのですが、

退職するにあたり、意外に退職する彼を擁護する声もあって驚きました。

露悪的で、一切のコミュニケーションをとらず、孤立していた彼。

誤解は誤解を生み、溝は深まるばかりでしたし、私や仲間の助言も無視。

私としてもお手上げでした。

彼を擁護する声の多くは、

「あの人だけが悪者なんてことはない、お互い様」

との見解でしたが、彼がまったくの悪人でもなければ、

周囲の我々もまったくの善人だとも思っていません。

共に働く仲間同士、最低限の交流、相談や伝達は必要です。

子供にも理解出来ることをしなかった彼を支持も弁護も私には出来ません。

煮ても焼いても食えない輩。

存在するものです。

彼の次なる場所に、一人でも彼を理解する人がいることを願います。


posted by まなぶ at 21:50| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ふと感じたこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

山口百恵さん

20100716.jpg

引退から長い歳月が経過した今なお、記憶から消えることのない人は少ないです。

山口百恵さんも、その一人です。

どこかしら影のある、大人の匂いがするアイドルの百恵さん。

私より2つ上の姉が、百恵さんが大好きで大好きで、

ずっとレコードを聴いていたのを思いだします。

その百恵さんの歌に、こんな年になった私が魅せられてしまうとは、

百恵さんの歌には名曲が少なくありません。

冬の色  赤い運命  山鳩  ありがとう、あなた

私がカラオケでも何度も繰り返し歌ってしまう名曲ばかりなのです〆


posted by まなぶ at 21:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | この人が気になる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。